地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

読者コメントをいただきました

シェアする

地頭本に読者の方から新しくコメントをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

内容紹介

中学受験の常識は子育ての非常識。受験と子育てという2つのものは、まだお互いにうまくなじんでいないのではないだろうか……。子育てよりも受験の結果が優先されがちな今日の風潮に疑問を抱いた著者は、受験というプロセスの中に、子どもの「地頭力」を引き出すことのできる可能性を見出してゆく。著者は本書で、中学受験期という難しい時期を、親子で力を合わせて乗り越えてゆくために必要な考え方とその方法論を、実例をもとに明らかにしてゆく。受験と子育ての両立に悩むご家庭や、これから子どもたちの「学び」のあり方を考えていきたいというご家庭に向けた、無理のない中学受験を考えるための、一つの新しい処方箋。

著者コメント

我が家の中学受験。もし中学受験を「必要悪」だと仮定せざるを得ないのだとしたら、この子供の成長期に絶対的に必要な「外遊び」や「経験知」などというものとどのようにしたらうまく折り合いをつけることができるのか。あるいは「中学受験」そのものを「子育ての一部」として最大限、うまく活用する方法はないのか。そんなシンプルな疑問から始まりました。それが我が家の「わが子の地頭をみがいて受験する」というコンセプトの土台であり、それを紆余曲折を経ながら探求していくうちにたどりついたもの。それが「小さな受験」という1つの考え方として結実することとなりました。本書では、この「小さな受験」を実践するためのさまざまなヒントを紹介しています。

書名: 地頭をみがけば中学受験はもっとシンプルになる 2018年 文芸社



★★★★★ 受験指南書で展開される教育論の実践

田中貴氏の「中学受験これで成功する!母と子の『合格手帳』」の方に書いた内容を交えながらのレビューです。

***
今年2018年に受験を終えました。私自身が中学受験を経験していないので、子どもが2年生くらいから中学受験関連の本や雑誌を読み始め、相当数の本に目を通しました(軽く40冊は超えると思います。仕事柄、関係書籍を読み漁る癖があります)。本屋で軽く立ち読みすればいいようなもの、内容がスカスカで読み終わった後ほとんど頭に残らないものなど色々ありましたが(そういうことで、6年になるまでに古本屋へさようならした本多数…)、田中貴氏の「中学受験これで成功する!母と子の『合格手帳』」もそうでしたが、こちらの本も、子どもが小3の時に購入したときから最後の最後まで手元に置いておきました。言っていることはわかるもののあまり共感できない受験本など色々ある中、受験勉強はそのように進めていけたらいいなと親の気持ちを落ち着かせ(本来、教育が目指すところ、目的はそういうことだと思い出させてくれ)、地に足の着いた考えとともに、前向きにかつ冷静に考えられるようにしてくれる本でした。

子どもが将来に渡って自ら学ぶ意欲や力を培うことが目標であり、そうした意欲や力を削がずにどのように親は受験をサポートしていけるのか。どの時期に何をどのように勉強を進めていったのか、娘さんの体調や様子を交えながら、ご本人の試行錯誤の過程も具体的に示され、親として何ができるかを柔らかい口調で、しかし徹底的に(娘さんの思考プロセスを、彼女の目線を追うレベルにまで丁寧に見ながら)寄り添い指導していくプロセスを、日記的に(ブログ記事をもとに書かれた本ということもありますが)娘さんの成長の様子を一緒に追っていける、ちょっとしたドキュメンタリー的な?内容になっています。

勉強のスケジュールを、娘の体調不良に合わせて何度も練り直し、パパ塾の先生として、感情の起伏を感じさせない落ち着いた口調で語りかけてくれる文体で(ブログ記事の方では、やる気のない様子…甘えが見られる娘にちょっとした苛立ち/心の乱れを書かれている部分もあり、むしろそれを読みホッとしましたが(笑))、あれもこれもと欲張りがちな親に、歩むべき方向を指し示してくれる、そんな感じの内容にもなっています。こちらも前掲書の田中貴氏の本と同じく、落ちても受かっても、中学受験という体験が子どもにとってプラスの意味・意義を持つようにしていきましょう。という通奏低音が常に響いてくる良書だなと思いました。

教育とはこういうものですよね。という部分が共感できたことも大きいのですが、それだけでなく、この時期こういうことをした、ここをしっかりやらせたのがよかったなど、読み手(親)が、この時期であればしっかりやらせるべきこと、親がやるべきこと(特に過去問分析と過去問をベースにした勉強のさせ方)が具体的に書かれていた点は大変役に立ちました。(注意すべき点が2点。第一に、具体的な勉強方法のノウハウが具体的に書かれているのですが、本文にさらりと書かれている内容を実践するためには、親の方も相当頑張らなければならないことが、実際に受験の年になってみてはじめてわかります。第二に、本書を読み、ブログを通読すると、親としてここまでやれるのかと自らを反省し、心打たれ、自分もという気持ちに大いにさせられるのですが、本書にあることを実践しようとする場合、子どもの生活全般に関わっている親一人でやれることではないということも念頭に置きつつ読まれた方がよいと思います。)

筆者のブログ記事は現在もそのまま残されていて本書では省略されている部分も含めて遡って参照することができるので、ぜひ本書を手に取られた方はブログの方も併せて読まれることをお勧めします。ありがたくも、著者ご本人からコメントを頂くこともできます。

なお、こちらの本を読んで共感できた方は、先に挙げた「中学受験これで成功する!母と子の『合格手帳』」もお勧めです。親が近視眼的にならずに子どもをサポートするのがよいという姿勢は、どちらも共通しているように思います。

受験を終えた今振り返ってみると、こうした本を読んでもなお、子どもにやらせることを色々と欲張り過ぎた/子どもと不必要なバトルを幾度も繰り広げたなと反省する点も多く、親の在り方として後悔の無い受験だったかと聞かれると歯切れのよい返事をできませんが、親としてやれることはやったという気持ちはあります。

どうぞ皆さまにとっても、親自身が後悔しない中学受験となりますように。

関連記事:

--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧

地頭本『地頭をみがけば中学受験はもっとシンプルになる』復刊のお知らせ

シェアする

本日付けで地頭本をペーパーバック版(アマゾンオンデマンド印刷版)として販売再開いたしました。
表紙カバーおよび帯データ (PDFにてご提供中) は、こちらからダウンロード できますのでご利用ください。

内容紹介

中学受験の常識は子育ての非常識。受験と子育てという2つのものは、まだお互いにうまくなじんでいないのではないだろうか……。子育てよりも受験の結果が優先されがちな今日の風潮に疑問を抱いた著者は、受験というプロセスの中に、子どもの「地頭力」を引き出すことのできる可能性を見出してゆく。著者は本書で、中学受験期という難しい時期を、親子で力を合わせて乗り越えてゆくために必要な考え方とその方法論を、実例をもとに明らかにしてゆく。受験と子育ての両立に悩むご家庭や、これから子どもたちの「学び」のあり方を考えていきたいというご家庭に向けた、無理のない中学受験を考えるための、一つの新しい処方箋。

著者コメント

我が家の中学受験。もし中学受験を「必要悪」だと仮定せざるを得ないのだとしたら、この子供の成長期に絶対的に必要な「外遊び」や「経験知」などというものとどのようにしたらうまく折り合いをつけることができるのか。あるいは「中学受験」そのものを「子育ての一部」として最大限、うまく活用する方法はないのか。そんなシンプルな疑問から始まりました。それが我が家の「わが子の地頭をみがいて受験する」というコンセプトの土台であり、それを紆余曲折を経ながら探求していくうちにたどりついたもの。それが「小さな受験」という1つの考え方として結実することとなりました。本書では、この「小さな受験」を実践するためのさまざまなヒントを紹介しています。

書名: 地頭をみがけば中学受験はもっとシンプルになる 2018年 文芸社



★★★★★ 中学受験を考え始めたら読む本

「地頭力」をコンセプトとして、親と子が一丸となって挑んだ「小さな受験」。形としての受験を小さくするとしても、反比例するように肝心な勉強の中身のほうは、どんどん磨き抜かれて密度も増していくのである。そうして最終的にもたらされた果実は、著者が当初想定していたものよりも大きかったのではなかろうか。

【え?解き方を教えちゃうの?それを覚えるの?それじゃ勉強にならないじゃない!】

と、最後に紹介される娘さんの発言を読むと、そう思わずにいられない。読者は、「地頭力」の養成や「小さな受験」という斬新な、しかも根源的な学習スタイルに、子育てと学びの本質を見たような思いがすることだろう。

著者推奨の学習スタイルは、徹底的に洗練されてあらゆる無駄を省きながらも、視野の中心には常に、子どもの現在そして未来の姿がどっしりと据えられている。ここが一般的な受験対策本とは異なるスタンスであり、中学受験を控えた家庭はもとより、それ以外の家庭にも示唆に富む提言となり得るだろう。

★★★★★ 中学受験のあり方を考えさせられる

そろそろ新5年を迎える子どもの中学受験をどうするかについて考えるための材料として購入。本書はタイトルどおり、中学受験はどうしたらシンプルになるのかについて書かれている。第一章は問題提起、第二章が理論編、第三・第四章が実践編、第五章が体験編といった構成。特に第四章は、筆者のブログと連携したツールを駆使した志望校対策の方法が書かれている。

本書で紹介されている方法は、地頭づくりと志望校対策の2本柱という、きわめてシンプルなものである。良問に腰をすえて取り組むことで子どもの考える力を引き出し、それと志望校対策を組み合わせることで、子どもに過度な負担を強いることなく中学受験を乗り越えていく。それらはいずれも子どもの肉体的・精神的負担を最大限減らすことを主眼とする考え抜かれた戦略であり、まさに「小さな受験」と呼ぶにふさわしいものである。

中学受験というとその大変さだけがイメージされがちだが、その一方で、子どもの成長をつぶさに見守り、学校選びから始まる将来像の構築に親として関わるチャンスでもあるのだな、と考えさせられた。帯コピーの「子育てにやさしい受験とは!?」にあるとおり、子育てと受験の両立を考えようという家庭には多いに参考になるだろう。

★★★★★ 「学び」と「育み」の本です

子育てを一大プロジェクトとすると、中学受験は「サブ・プロジェクト」にあたると思います。ある意味特殊なプロジェクトではありますが、サブとして、大プロジェクトと調和したものであるべきだと思っています。今まで、数多くの中学受験体験談をネットや本で読んできましたが、本書ほど、「子育て」軸にぶれない骨太の中学受験記を読んだことはありません。中学受験の本ですが、「育み」「学び」というどことなく懐かしいやさしい響きが聞こえてくる本です。現在の塾主導の狂想曲のような中学受験のあり方に疑問を持ち、もっとしなやかでのびのびとした子供らしい受験勉強をさせたいと思っている親(私もその一人です)には、必読です。地頭を磨きながら受験勉強を小さくしていく方法や、志望交対策など、具体的に書かれていますので、親の参考書として活用できます。
また、日頃、子どもたちに豊かな学びを与えたいと思っていらっしゃる公教育の先生にも是非読んでほしいと思います。

★★★★★ 子育ての本として読んでも面白いと思います

ぱぱさんのブログからここに流れてきました。ブログがリニューアルされる前からの読者です。

これまでブログの記事を一つひとつ、それぞれに読ませていただいておりましたが、
一冊の本として読ませていただき、あらためてぱぱさんのブログの持つ意味がよく理解できました。
半年ほどブログの更新が止まっていて心配していたのですが、本にまとめられていたのですね。
いままでのブログ記事のエッセンスがよくまとめられていて、一気に読みとおすことができました。
中学受験の本としてまとめてありますが、ふつうに子育ての本として読んでも面白いと思います。

この本はブログと連動しているので、単に読み物としてだけではなく、疑問や質問などを、
直接ぱぱさんに問い合わせることができることもこの本のいいところだと思います。

関連記事:

--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧

中学受験の学習課題はどのぐらいあるのか

シェアする

実は学習課題の総量をきちんと数えるのは難しいのです。カリキュラム進行をどう捉えるのかが一筋縄ではいかないですし、さらに数え方によっても学習課題の総数は大きく変わってしまいます。四谷大塚の算数を例にとってみると:
(1)そもそも月例テストや組み分けテストの週の学習内容は復習になっていますし
(2)らせん学習の繰り返し部分を復習ととるのか発展学習ととるのかによっても違います
(3)さらには想定する志望校によっても発展させるべき学習部分の難度が異なってきます

そもそも「復習」の部分は「なにをどう復習するのか」によって伸縮自在にスケジュールを組むことができます。例えば6年生の夏休み=40日間は履修範囲の総復習になっていますが、これをもって中学受験算数の学習課題の総量を「40日分である!」とは言えないことでもおわかりいただけると思います。もちろんお子さん方の課題の吸収力の大きさにもよってくるものの、まあ以下のように捉えるのが一般的でしょうか:
(1)5年生の前半約20週分+後半約20週分。これを学習課題の基本範囲として
(2)6年生の前半約20週分を、5年生分からのらせん学習(復習+発展学習)分とする

6年生の後半約20週分は受験対策期間ですので、ここには含めません。とすると、中学受験をするために履修する必要のある学習課題の総量は、ふつうにできるお子さんたち向けには5年生の1年間で、5年生分の学習課題をスキップできるお子さんたち向けには6年生の前半で、それぞれカバーできるように割り当てられているということができるでしょう。ある意味、ほとんどのお子さんにとっては、5年生の1年間で詰め込まれる学習課題を、実際には6年生の前半までの1年半をかけて、じっくりじっくり、きちんきちんと身に着けていけばよいことになります。もし現在の40週間分の学習課題を1年半をかけてじっくり習得すればよいとなれば、それぞれの学習課題にじっくりと腰をすえて深くさらうこともできますし、そもそも時間的にかなり余裕が出てくるのがおわかりいただけるのではないでしょうか。

僕は前の記事でこう書きました。『偏差値50と偏差値60の間のギャップを埋める努力。あるいは偏差値60と偏差値70の間のギャップを埋める努力。これは中学受験をするために履修の必要な学習課題を身につける努力とはべつの話です。この2つの努力をいっしょくたにするから、話がややこしくなる。中学受験をするために必要な学習課題。これはふつうにきちんと勉強すればいい。1つ1つの学習課題をきちんきちんと身につけてゆく。学校の勉強とおなじです。基本を基本としてきちんと身につける。ただし学習課題の進行ペースがはやい分だけ、工夫が必要になってくる。そこを物量でこなそうとするから、大変になってくる。はやさ×物量。お子さんの毎日の持ち時間を埋め尽くしている受験勉強の量。それはこのあたりからその実態が見えてくるのではないでしょうか。』

そうです。進学塾のカリキュラムがなぜこんなにも無茶苦茶な進行になっているのか。このあたりをきちんと見極めて、本来あるべきペース配分に展開しなおすことで、中学受験勉強は、お子さんにとって、もっと意味のあるものにすることができます。我が家の娘が「体を壊して」6年生の算数をスキップしたにもかかわらず、算数の難易度の高い学校を受験できたのも、このあたりの事情によります。お子さんたちの学習課題の総量は、きちんとペース配分をしてあれげば、一気に楽になるということもできるのです。

--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ     アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧

クラスで一番?学年で一番?

シェアする

ふつうにできるお子さんたち。中学受験を目指すお子さんたちのほとんどすべては、ふつうにできるお子さんです。偏差値50のお子さんであれば、学校の成績でオール5。偏差値60のお子さんであれば、その尺度があればオール6。おおざっぱではあるものの、だいたいにおいてそのような換算ができると、ものの本にありました。なるほどなあ、と思わせられる話ではありました。ふつうにがんばれば、ふつうにできるお子さんにすることができる。そのようなものなんですね。

学校でクラスの3番目ぐらいにはいるお子さんが偏差値50。クラスで1番のお子さんが偏差値60。学年で1番のお子さんが偏差値70。だいたいの目安はこんな感じ。ちょっと表現はちがいましたが、これもものの本にありました。お子さんがあとどのぐらいがんばれば、どのぐらいの成績になるのか。だいたいの目安になるのではないでしょうか。たとえばクラスで1番の成績をとるためには、あとどのぐらいがんばらなくてはならないか。思ったほどにはギャップがないように感じられたのではないでしょうか。むしろたったそれだけのギャップを埋めるためにこなさなければならない受験勉強の量。ここにギャップを感じられたご家庭が多いのではないでしょうか。

偏差値50と偏差値60の間のギャップを埋める努力。あるいは偏差値60と偏差値70の間のギャップを埋める努力。これは中学受験をするために履修の必要な学習課題を身につける努力とはべつの話です。この2つの努力をいっしょくたにするから、話がややこしくなる。中学受験をするために必要な学習課題。これはふつうにきちんと勉強すればいい。1つ1つの学習課題をきちんきちんと身につけてゆく。学校の勉強とおなじです。基本を基本としてきちんと身につける。ただし学習課題の進行ペースがはやい分だけ、工夫が必要になってくる。そこを物量でこなそうとするから、大変になってくる。はやさ×物量。お子さんの毎日の持ち時間を埋め尽くしている受験勉強の量。それはこのあたりからその実態が見えてくるのではないでしょうか。

この受験勉強の量をスマートにこなす術とはどんなものか。これが我が家のブログのテーマでもあるので、ここでは繰り返しません。ただ、はやさ×物量、という取り組み以外にもこの学習課題を効率的に身につけることができるアプローチがある。興味のある方は過去記事「地頭受験とは何だったか」をまずはご覧ください。では偏差値50と偏差値60の間のギャップを埋める努力。あるいは偏差値60と偏差値70の間のギャップを埋める努力。この部分をどう考えたらいいのか。1つは「志望校対策」、もう1つは「志望校の」入試問題をすばやく正確に解く練習です。志望校対策も我が家のブログのもう1つのテーマであるので、興味のある方は関連記事をご覧ください。

いずれにせよ、基本を基本としてきちんと身につけること。それと偏差値のギャップを埋めること。この2つを分けて考えることで、中学受験はもっとシンプルになる。こんにちの中学受験事情を読み解くうえでの1つの考え方でした。

関連記事:--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧

地頭のつくり方

シェアする

引き続き「ぱぱ塾ぱぱ」の体験にもとづく「地頭のつくり方」についてです。さて問題です。

問い: 「りんごを4個もらいました。これを兄弟3人でなかよく分けるにはどうしたらよいでしょうか。」
答え: 「りんごを4/3ずつに分ければいいと思います。」

はい正解です。しかしぱぱ塾ぱぱの育った環境では、別の答えも正解なのでした。

答え: 「まず私がりんごを1つ食べます。そのあと兄と弟を呼んで、3個のりんごをなかよく1つづつ食べます。」

もちろん「りんごを1つお仏壇にお供えして、のこりの3個を兄弟3人でなかよく食べる」でも正解です。正解はいくつでも作れます。ご存知の通り、正解を必要に応じて作り出すこのような頭働きを「知恵」と呼ぶわけですが、学校や塾で教えてもらえるわけでもなし、最近はめっきり耳にしない言葉になってしまいました。ましてや大人社会は常識社会です。大人になってから「知恵」を身に付ける機会は皆無といっていいのではないでしょうか。おそらくユニークな「知恵」を身に付けるチャンスは子供時代にしかないのではないかと「ぱぱ塾ぱぱ」は考えるのです。

我が家の娘は共稼ぎ家庭の一人っ子なので、「ぱぱ塾」ではそのチャンスを通塾の時間を削ってでも学童保育=年代の異なる子供どうしの集団生活に求めました。娘はここで5年間、年少なら年少なり、年長なら年長なりに、集団の和を崩さずに自分のやりたいことを通すための知恵や、いろいろなあそびの知恵を身につけてきているようです。通っている学童保育では使いたい遊具がないこともしばしばあるようで、遊具がないならないなりに楽しむ工夫などもしているようです。

「知恵」を身に付ける方法は何も学童保育だけに限りません。クラブ活動でもよし、おばあちゃん子に育てるもよし、各ご家庭で工夫のできる部分だと思うのです。条件はただ1つ、お子様の知識の土台に「知恵を練りこんでおく」ことだけです。「ぱぱ塾ぱぱ」はといえば、男3兄弟の間のあつれきの中で自分に都合よくことを運ぶ工夫を通して「知恵」を身に付けてきました。

もう1点付け加えるとすれば、それはお子様の好奇心を上手に引き出してあげることでしょうか。「ぱぱ塾ぱぱ」は、家にあった学習百科事典(全16巻ほどの分野別でないもの)を通読したことで手に入れたと思います。百科事典で仕入れた知識でいろんな実験(大人の言葉では「いたずら」といいますね)をやった記憶があります。アンテナのフィーダー線をUの字型にしてコンセントに突っ込み、家中のブレーカーを吹っ飛ばしたこともありました。好奇心→いたずら→経験→知恵、という道もありそうです。

百科事典はマルチメディアのものが全盛です。しかし、我が家にも一式備えてあるのですが「ぱぱ塾ぱぱ」の経験からはむしろ紙媒体のものの方がお勧めです。マルチメディア百科事典では検索一発で目的の項目にたどり着けますが、むしろ紙媒体のものの方が、ページを繰っているあいだにもいろいろな項目が目に飛び込んでくるため、好奇心の羽が広がりやすいのです。

お子様が年少のご家庭では学習百科事典はとっつきにくいかも知れません。その場合は国語辞典を百科事典的に使う方法もあります。我が家の娘には向かなかったようですが良書ですので、ご覧になってみてはいかがでしょうか。
2008年1月24日記す
--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。      お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ        アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング