地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Tag: セーフティネット受験

スポンサーサイト

2教科受験のセーフティネット

2教科入試。あるいは2教科・4教科選択式入試の実施校。多くの学校では複数回入試を実施していますが、そのうちの何回かは4教科入試のみ、という設定になっていることも多いと思います。ですので2教科受験を予定しているご家庭では、その学校の4教科入試の日程は考慮していないことが多いのではないかと思います。しかしそのような学校。2教科入試、4教科入試を含めて複数回を受験する受験生にのみ与えられる「特典」を用意...

2教科受験は本当に不利か

2教科受験というもの。いったんその道を選んでしまえば、4教科受験の道に再びハンドルを切り直すことはほとんど不可能になってしまいます。ですから2教科受験という選択。どんなご家庭に対しても無条件にお勧めできるものではありません。2教科受験という道を選択できる条件は、①夏休み前に受験予定校の絞り込みが終わっていること。②その受験予定校のほとんどが2教科入試か2教科・4教科選択式入試を実施していること。最低...

小さな受験と偏差値の壁(7)

ここまで記事を読み進めてきて、「選びに選んだ数少ない学校を1つ1つ丁寧に受験してゆくこと」の持つ意味は分ったけれど、実際問題として、その「行ってみたい学校」の偏差値とお子さんの持ち点である偏差値。これらの間にギャップがある場合はどうしたらいいの?・・・当然ながら、そのような切実な疑問が生じてきていることと思います。今回はこの点について、少しばかり踏み込んで考えてみたいと思います。偏差値の持つ意味を...

小さな受験と2教科受験(1)

我が家の「地頭受験」は、何回かの紆余曲折を経て、「小さな受験」というものにたどり着きました。我が家の受験。なぜこれほどまでに娘にかかる負担を軽くできたのか。受験の結果が出たこの時点で一度、この点を検証しておきたいと思います。小さな受験。我が家にとってのそれは、「選びに選んだ数少ない学校を1つ1つ丁寧に受験してゆくこと」でした。その結果、2教科で受験した2つの志望校。大変幸いなことに、そのどちらから...

繰り上げ合格の連絡がありました

娘の2つの志望校のうちの1つ。セーフティネット受験をした学校から、ご連絡をいただきました。娘の手持ちの得点。国語の得点はおそらく入試1回目はぼろぼろ・・・しかし2回目の入試ではかなりの手ごたえがあった様子。一方の算数は、案に相違して、どちらもかなりの失点をしていたらしい。そんなわけで、娘の手持ちの得点を概算してみると、おそらく繰り上げ合格には「数点足りない」。結果としてはそういうことになるだろうと...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。