地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Tag: 中学受験をプログラムする

中学受験はプログラムできるか

「中学受験をプログラムする」、という言葉。僕がこの言葉に込める思いは1つ。中学受験の「起承転結」。これをはっきりさせること。そのために必要な手だて・・・「目標と時期と内容と」・・・を1つずつステップを踏んであらかじめ明確にしておくこと。そういう意味になります。当然ながらそういうものは進学塾のカリキュラムにも組み込まれている。ですから塾まかせにしていてもある程度、意識することなくこなしていくことはで...

中学受験には前書きを

料理のレシピ本。和食でも中華でもイタリア料理でもスペイン料理でも何でも。あるいはお惣菜本でもお弁当本でも同じことなのですが、料理のレシピ本には必ずといっていいほどテーマがある。もしテーマのないレシピ本みたいなものがあったとしたら、「書かれたとおりに作ってみたら、こんなものができました!」ということになる。そんな不思議なレシピ本。あったら面白いなあ、とは思うのですが、「ままぁ、今晩のご飯はなあに?」...

いただいたお手紙から

このブログにお寄せいただいたものの中から、1通のお手紙をご紹介させていただきます。手前味噌ながら、このお手紙には「地頭受験のエッセンス」がギュッと詰まっているように思います。『以前にメールにお返事を頂いたことがある(匿名さん)と申します。中学受験という壮大なプロジェクト、おかげさまで第1志望合格で無事に終了しました。娘も四谷大塚のテスト生で自宅学習中心だったので、こちらのブログの内容を常に参考にさ...

新6年のぱぱ塾

「ぱぱ塾」の今年前半の学習カリキュラムの大枠が固まりましたので、ここに書き付けておきます。「ぱぱ塾」は我が子とともに新しい中学受験の方法論を模索する場ですので、新6年のご家庭が我が家の方法を参考にする場合にはかなりの程度のリスクを負っていただく覚悟が必要です。「ぱぱ塾ぱぱ」と娘は、今のところブランド校には興味がありませんので、その点はあらかじめご理解いただきたいと思います。一方、今年小学校に上がら...

新6年の国語

中学受験をするにあたっての我が家の最大の課題は国語です。「ぱぱ塾」が進学塾の国語のテキストを封印してから半年、最近やっと、娘の国語に手応えを感じ始めました。この間、多くの試行錯誤を繰り返してきましたが、効果のあったもの、なかったもの、さまざまでした。この試行錯誤の間、「ぱぱ塾ぱぱ」はいくつもの方法論にあたってきましたが、その中で「ぱぱ塾ぱぱ」の腑に落ちたのは以下の2点です。間違った方法で点を取って...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング