地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Tag: 偏差値とベクトル

スポンサーサイト

手作り受験がもたらすもの

毎日の学習課題。決して少なくはないその課題をこなしながら、はやい進学塾のカリキュラム進行になんとかついてゆく。経験されているご家庭ならご存じのことと思いますが、決して簡単なことじゃない。はたしてこの学習課題。お子さんの身についているんだろうか・・・ご両親はそのような不安をかかえながら毎日を過ごしてゆく。お子さんはと言えば、その学習課題。深く考えている余裕もなく、言われたとおりに公式をあてはめながら...

「奇跡的な合格」は奇跡じゃない

『・・・したがって、入試本番では、たいていの受験生は自分の持っている偏差値(引用注:合格率80%ライン)よりも高いハードルを越えなければならないことになります。今年のように、多くの中学校の偏差値がアップしてしまいますと、自分の持っている偏差値とのギャップが大きくなってしまいます。その分合格の可能性は小さくなり、思ったような結果が得られなくなってしまうケースが増えるのです。逆に、入試の本番で普段の力...

偏差値は独り歩きする

中学受験における偏差値というもの。娘の受験のころから気になっていたのが、その数字の持つ意味。これがきちんと理解されていないのではないか。そう感じてきました。確かに偏差値というもの。これはお子さんの成績を示す数値ではあるのですが、それの持つ意味が忘れられて独り歩きするようになってしまう。お子さんの成績も学校の序列も偏差値で測られるようになる。これはおかしなことなのではないかと思うのです。偏差値のどこ...

右肩上がりの成績の裏にあるもの

大手進学塾の保護者会。そこで紹介されることが多いのが、お子さまたちの成績の推移グラフです。そこでは典型的な成績の推移のパターン・・・思うように成績が上がらなかったり、成績が上下して一定しなかったり。ではあっても最終的には右肩上がりの成功パターンであることがほとんどです。どんな成績の推移をしたとしても、最終的には成績が上がる例。そんなものばかりが説明される。しかし偏差値というものは相対評価ですから、...

「受かるようにする」システムとは?

受験勉強を「受験」と「勉強」にわけて考えてみる。そのような視点で進学塾を眺めてみると、「勉強」の要素が「できるようにする」システムに、「受験」の要素が「受かるようにする」システムにあたることがわかります。ではその「受かるようにする」システムはどんなものかと言えば、受験対策の授業だろうと。6年生の夏休み明けごろから、最難関校向けには志望校別対策講座が、それ以外には偏差値輪切り方式の難度別講座が設けら...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。