地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Tag: 出題意図

スポンサーサイト

志望校対策講座(11) 出題意図を読み取ってみよう

これまでたびたび触れてきた学校固有問題についてですが、過去に出題された問題を解けるようになるだけでは不十分で、この先どのような問題が出題されても対応できるように、このような問題は1段掘り下げて物事の本質を学んでおく必要があります。ようするに、過去の問題の出題意図を読み取ることで、この先どのような問題が出題されても、そのパターンに適応できるようにしておこう、ということです。つまりは一種の問題予想をし...

志望校対策講座(10) 学校固有問題を探せ!

志望校の入試問題には、その学校の教育理念や、どんなタイプのお子さんに来てほしいのか。そんな観点からの出題が含まれています。それをこの連載では「学校固有問題」と呼んでいるわけですが、この学校固有問題。これへの対策がお子さんの志望校への合否を分ける重要なポイントになるということを、僕は前記事で書きました。だとすればこのような学校固有問題はどこにあるのか。それを探し出すことが重要になってくるわけです。こ...

志望校対策講座(6) 得点戦略を練る

つぎに、その学校の設問タイプごとの出題パターンをチェックします。まずは国語。まず言語要素系の配点を見ます。これへの配点が20点程度ある場合は、文法系と漢字・語彙系のどちらに重点が置かれているかをチェックして、特別に対策を取ることを考えます。残りの配点については、設問ごとに、選択肢系・抜き出し系・記述系にわけて分類していきます。記述系の設問については記述文字数の指定をメモしておきます。一般に設問タイ...

志望校対策講座(3) 得点ブロックを積み上げる

お子さんの志望校。固まりましたか?僕は以前の記事でこう書きました。『学校の過去問をお子さんとの「相性チェック」などに使うのではなく、むしろその学校がお子さんたちに望んでいるタイプの学力。それを身につけるための指針として利用しない手はありません。そのためには「手探りの40日間」を志望校への合格のための総仕上げの期間として最大限活用することを考え、そこから時間をさかのぼるように段階を追うように必要な準...

志望校対策講座(2) 合格は得点力で決まる

偏差値というもの。これはお子さんの学力を測る便宜的な尺度にすぎません。尺度とは単なるモノサシのことであって、お子さんの学力のどの部分を測るのか。それによってはじき出されくる数値は大きく変化してしまう。たとえはダンボール箱の大きさを測る。モノサシは1本でも、測る部分は、高さ・幅・奥行きと3つあるんです。このうちのどの部分を測っているのか。これを意識しない人はいないでしょう。ところが中学受験における偏...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。