地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Tag: 原理原則

終章:学びの原風景へ・・・。

以前の記事から引用を。『「学校教育」というものは基本的にこのアプローチをとりますよね。まず「学び」の始めに「原理原則」を習う。次に1つ、大きな三角定規なんかを使いながら、先生が黒板に問題を書き出す。そこで先生が言うことば。「みなさん、はい。ではこの問題。ここの部分の角度。どうやったらわかると思いますか?」。わかる子。わからない子。いろいろです。「はい!はい!先生」。いくつもの手があがる。いろんな発...

そもそも地頭力ってなんだろう

地頭力というもの。はっきりした定義はまだ与えられていないようなのですが、「ミニマムな定義を与えなさい」といわれたらどうなるんだろうか・・・ということで、ちょっと考えてみました。簡単にいえば「直面している課題に対する対応能力」ということなのですが、これをきちんと定義してみようと。定義はふくらませようと思えばいくらでもふくらませることができそうでしたが、むしろ削っていった方が本質がわかりやすいのではな...

地頭受験とは何だったか

地頭受験。それをひとことで言えば、知識や演習量の多寡で結果を競い合うのではなく、ある種の「知の方法」を身につけることで中学受験を乗り越えることだったのでした。その「知の方法」とはどんなものかといえば、大人の世界でいうところのコンサルテーションの方法。これにとてもよく似ているのです。コンサルタントは常識の世界を扱います。常識の世界に住まう人たちにとって「まさかそんなところに?」というポイントを発掘し...

知的好奇心が身につけば

学びが苦にならない。わからない問題にかじりつく。解けない問題との出会いに喜びを見い出すようになる。「学校教育」というものは基本的にこのアプローチをとりますよね。まず「学び」の始めに「原理原則」を習う。次に1つ、大きな三角定規なんかを使いながら、先生が黒板に問題を書き出す。そこで先生が言うことば。「みなさん、はい。ではこの問題。ここの部分の角度。どうやったらわかると思いますか?」。わかる子。わからな...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング