地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Tag: 子育て

ゆとりの時間を十分に活用しよう

「まずは時間を作り出そう」・・・僕はそう書きました。でも多くのご家庭にはまだ疑問が残っているのではないでしょうか。「復習を予習に切り替えただけでしょう?確かに塾授業の拘束時間が有効に使えるようになって、持ち帰りの学習課題もいくらか削れるかも知れない。でも、それで捻出できる時間なんてたかが知れたものじゃないの?」。おっしゃる通り、トータルの時間の中で削れる時間はそれほど多くないかも知れません。しかし...

塾の課題であふれかえる前に

年々小さくなってゆくように見える「子育ての窓」。そして我が家が追い求めることになった「小さな受験」。この2つに共通するポイントは、中学受験期の娘の生活の中から、「いかにゆとりの時間を確保するのか」。この1点にありました。子育てに効率はありません。じっくり時間をかけ、娘を「まっとうな1人の人間」に育て上げること。そのことと、じっくり時間をかけ、娘に「学ぶことの面白さ」を伝授しながら中学受験に備えるこ...

子育て、してますか?

いきなり「あなたは子育ての専門家なんですよ」などと書くと、思わず腰が引けてしまうご家庭もあるかも知れません。実のところ、これはそう大それたことを言っているわけではないんです。わが子をまっとうな1人の人間として育て、社会に送り出すことで、自分を育ててくれた社会に借りを返すこと。これは「しつけ」のことですよね。あるいはこの先10数年、もしかしたら一生涯続くかもしれない「学び」の力の礎を、わが子に授けて...

悩めるお母さま方へのメッセージ

ご家庭のお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?私は以前の記事で、我が家で「例題の読み合わせ」が生まれた経緯を書き連ねてきました。そのキーワードは「娘の笑顔」でした。我が家が得た結論は、「わかる楽しさ」「知る喜び」。このような成功体験の積み重ねがあって初めて、子供は前向きに受験勉強に取り組めるようになるのだ、ということだったのです。前向きになれば地力がついてくる。地力がつ...

連載を始めるにあたって

ものごとには、1歩踏み込んで見たほうがよくわかること。1歩さがって見たほうがよくわかること。さまざまです。写真を撮られる方はよくご存じだと思いますが、目にとまった1シーン。「ああ、これ、なんだかいいなあ」。何かピンとくることがある。でも、写真のうまい人はそこでカメラをむけていきなりパシャ、といくわけではないんですね。その1シーンの中の何が心を惹きつけているのか。これを意識するんです。それによって写...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング