地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Tag: 生きる力と地頭力

スポンサーサイト

中学受験はもっとシンプルになる

中学受験で忘れ去られているもの。それは「お子さんの能力を引き出す」ということではないでしょうか。毎日の学習課題をこなしてゆくこと。中学校を受験するためにはもちろん欠かすことはできません。しかしその学習課題の内容はどうなのかといえば、きちんと吟味されているようには見えないのです。進学塾で学習すべき内容を教わってくる。与えられた学習課題をご家庭でこなす。そのようなサイクルで学習課題をお子さんに「定着」...

「奇跡的な合格」は奇跡じゃない

『・・・したがって、入試本番では、たいていの受験生は自分の持っている偏差値(引用注:合格率80%ライン)よりも高いハードルを越えなければならないことになります。今年のように、多くの中学校の偏差値がアップしてしまいますと、自分の持っている偏差値とのギャップが大きくなってしまいます。その分合格の可能性は小さくなり、思ったような結果が得られなくなってしまうケースが増えるのです。逆に、入試の本番で普段の力...

東大生にさせたいなら

「東大合格者数が示す教え」という記事が目にとまりました。このブログはトラックバックできないので記事を少々引用させていただくと:>東京大学合格者に関して、市場の人たちが>誤解している事がたった一つある。これは昔から>なのだが、どこの高校が東大合格者を何名排出するか?>に関心が集まり高校の評価をしているようだが、>実はそれによって学校の活躍度は全くわからないということだ。>>実際は、優秀な生徒がどこの...

中学受験に理科・社会は必要か

結論からいえば理科・社会という科目の必要性はなくならない。それでも入試における理科・社会という科目の取り扱われ方。これは考え直されてもいいのではないか。少なくとも理科・社会に関しては知識の多寡を問うような出題は必要ないのではないか。そう思います。もし理科・社会という科目を入試で取り扱うならば、いまよりももっと大局的なものの見方・考え方を診るような出題。あるいは年齢なりの教養としての知識を問うような...

自宅学習で中学受験することの意味

「子育て」の時間のど真ん中に割り込んできてしまう中学受験というもの。この中学受験を「受験」と「勉強」にわけてみると見えてくるものがある。この「勉強」の部分。これをお子さんの教育の場として活用することができないか。お子さんの持てる資質を引き出すために利用することができないか。つまりこの「勉強」という部分を「子育て」の一環として考えてみる。自宅学習で中学受験を選択されているご家庭の多くは、このような視...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。