地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Tag: 知識のネットワーク作り

スポンサーサイト

歴史に背骨を通す(2)

娘はこの3日間で、日本の歴史を初めから終わりまで一気に駆け抜けてきました。さすがに精も根も尽き果てたのか、最後のページを繰ったところでダウン・・・そのまま爆睡状態になりました。ちょっと負担をかけすぎたかな、と反省しています。そういえばおとといは学童保育の遠足の日。たくさん遊んだんだから、まだまだ疲れがのこっていたのかもしれません。本来なら今日のまとめの中で、日本の歴史はどのような変遷をたどってきた...

歴史に背骨を通す(1)

我が家の3人の地頭にはそれぞれ特徴があります。ぱぱ: とりあたま ・・・ 3歩あるくと物忘れするニワトリ系 まま: つるあたま ・・・ 本人によれば表面にしわのない、つるつるのおまんじゅう頭 ちび: いしあたま ・・・ 何度もレントゲンを取るような怪我をしながら、いつも無事 ハードウェア的にはそれぞれ違いがあっても、共通に苦手なもの・・・それが暗記です。「ぱぱ塾ぱぱ」は、情報に構造がないとまず記憶に...

造語あそびのもつ意味

昨日の記事で「造語あそび」と「地頭のよしあし」には、わけはわからないものの、なんとかく何か相関がありそうだと書きました。一晩考えてみたところ、なんとなくその理由がわかってきたような気がするので、ここに書き付けておきます。昨日の記事では、たまたま四字熟語の意味を確定する文字を○(=臨機○変)にしていたのですが、「臨機○変」の部分を「脈絡パターン」、○の部分を「知識」だと考えると、造語能力と地頭のよしあし...

地頭のよしあしを診る

今日、娘が学童保育に行くときに、なぜか思いっきり自転車で天地無用にすっ転んできたため、打ち身と擦り傷で身動きが取れず、いまは隣の部屋のフトンの上に寝転んで「ペリーヌ物語」のDVDを見ています(そういえばアニメ「世界名作劇場」シリーズはヨーロッパでも人気が高いそうで・・・これをみて育った子供が情緒が安定するとかなんとか、どこかでそういうコメントを見たことがあります)。そういうわけで、今日はもうこれで...

混沌の晴れ上がり

「ぱぱ塾ぱぱ」は、少し前の記事で「宇宙の晴れ上がり」について触れました。ご存知の通り地球の原始大気についても「晴れ上がり」という事件があって、これによって日光による光合成が可能になる=すなわち「晴れ上がり」直後にはなかった酸素が現在、主に植物系の生物の働きで、20%ほども占めるようになりました。混沌の世界は「晴れ上がり」によって、大きくモードを切り替えるわけです。「ぱぱ塾ぱぱ」の地頭づくりは、知識...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。