地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Tag: 知識の多寡を問う

スポンサーサイト

中学受験はもっとシンプルになる

中学受験で忘れ去られているもの。それは「お子さんの能力を引き出す」ということではないでしょうか。毎日の学習課題をこなしてゆくこと。中学校を受験するためにはもちろん欠かすことはできません。しかしその学習課題の内容はどうなのかといえば、きちんと吟味されているようには見えないのです。進学塾で学習すべき内容を教わってくる。与えられた学習課題をご家庭でこなす。そのようなサイクルで学習課題をお子さんに「定着」...

中学受験に理科・社会は必要か

結論からいえば理科・社会という科目の必要性はなくならない。それでも入試における理科・社会という科目の取り扱われ方。これは考え直されてもいいのではないか。少なくとも理科・社会に関しては知識の多寡を問うような出題は必要ないのではないか。そう思います。もし理科・社会という科目を入試で取り扱うならば、いまよりももっと大局的なものの見方・考え方を診るような出題。あるいは年齢なりの教養としての知識を問うような...

子どもの地頭をよくする方法が書いてある本

「脳科学者が教える子どもの地頭をよくする方法」という本を読んでみました。どんなことが書きつけてあるのかというと:はじめに・・・「地頭は遺伝」というのは間違い!第一章 ワーキングメモリを鍛える第二章 やる気の基礎をつくる第三章 幼児期に地頭の基礎をつくる第四章 小学生時代に地頭を育てる第五章 地頭のいい子を育てるための4つの習慣あとがき・・・地頭力の根っこは「生きる力」前書きから一部を引用させていた...

中学受験を通して地頭を磨く

1つの設問に対して何通りの「読み」ができるか。前記事で使った言葉でいえば「設問に対する対応能力」というもの。これを伸ばしてゆくことで中学受験と向き合ってみる。このような取り組み。中学受験と子育てを両立させたいというご家庭への1つの答えとなるのではないか。僕なんかはそう考えているんですけれども、お子さんのこのような能力。実は「地頭力」というものと密接に絡んでいるように思うんですね。設問に対する適切な...

地頭受験とは何だったか

地頭受験。それをひとことで言えば、知識や演習量の多寡で結果を競い合うのではなく、ある種の「知の方法」を身につけることで中学受験を乗り越えることだったのでした。その「知の方法」とはどんなものかといえば、大人の世界でいうところのコンサルテーションの方法。これにとてもよく似ているのです。コンサルタントは常識の世界を扱います。常識の世界に住まう人たちにとって「まさかそんなところに?」というポイントを発掘し...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。