地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Tag: 社会

中学受験に理科・社会は必要か

結論からいえば理科・社会という科目の必要性はなくならない。それでも入試における理科・社会という科目の取り扱われ方。これは考え直されてもいいのではないか。少なくとも理科・社会に関しては知識の多寡を問うような出題は必要ないのではないか。そう思います。もし理科・社会という科目を入試で取り扱うならば、いまよりももっと大局的なものの見方・考え方を診るような出題。あるいは年齢なりの教養としての知識を問うような...

子どもの地頭をよくする方法が書いてある本

「脳科学者が教える子どもの地頭をよくする方法」という本を読んでみました。どんなことが書きつけてあるのかというと:はじめに・・・「地頭は遺伝」というのは間違い!第一章 ワーキングメモリを鍛える第二章 やる気の基礎をつくる第三章 幼児期に地頭の基礎をつくる第四章 小学生時代に地頭を育てる第五章 地頭のいい子を育てるための4つの習慣あとがき・・・地頭力の根っこは「生きる力」前書きから一部を引用させていた...

エビングハウスの忘却曲線を知る

もうひとつ、記憶の定着に関するお話を。過去記事の再掲です。『「エビングハウスの忘却曲線」というのをご存知でしょうか。覚えたものが失われていく様子を表すグラフです。本来の忘却曲線は「意味のない文字並びを暗記する」というものであって、実際に受験に必要な「意味のある知識の暗記」とは少々異なるようですが、それでもほとんどの知識は暗記してからあまり時を経ずして失われてしまうという点では同じです。これを防ぐた...

視点をとりかえてみる

社会と理科の知識分野。我が家では最終的に2教科受験を選択したため受験モードでは扱いませんでしたが、2教科受験を決めた6年生の夏休み入りまで。ここまでは4教科の受験生と同じように理科・社会を履修してきました。それまでの娘の学習をみて痛感していたのが、理科・社会の知識分野の履修の進め方。これがよくない。「木を見て森を見ず」なんですね。各単元で学ぶ内容。これを「通しで見る視点」。これが欠けている。いま自...

歴史に背骨を通す(2)

娘はこの3日間で、日本の歴史を初めから終わりまで一気に駆け抜けてきました。さすがに精も根も尽き果てたのか、最後のページを繰ったところでダウン・・・そのまま爆睡状態になりました。ちょっと負担をかけすぎたかな、と反省しています。そういえばおとといは学童保育の遠足の日。たくさん遊んだんだから、まだまだ疲れがのこっていたのかもしれません。本来なら今日のまとめの中で、日本の歴史はどのような変遷をたどってきた...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング