地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Tag: 自宅学習

親が勉強をみると中学で伸び悩む?

たびたび引用させていただいている樋口先生の「中学受験の常識・非常識」。なかなかおもしろい本なので、ここからまたちょっと引用を。『・・・中学受験については父親がべったりと何から何までスケジュールを組んで勉強の面倒を見たそうです。その結果2人とも(引用注:超難関校に)合格できたのですが、入学式の日、父親は2人に、「きみたちの面倒をずっと見てきたが、これからは自分たちの力でやりなさい。お父さんはこれから...

自宅学習で中学受験することの意味

「子育て」の時間のど真ん中に割り込んできてしまう中学受験というもの。この中学受験を「受験」と「勉強」にわけてみると見えてくるものがある。この「勉強」の部分。これをお子さんの教育の場として活用することができないか。お子さんの持てる資質を引き出すために利用することができないか。つまりこの「勉強」という部分を「子育て」の一環として考えてみる。自宅学習で中学受験を選択されているご家庭の多くは、このような視...

自宅学習で中学受験という選択肢

お子さんが通塾向きではない。あるいは望むシステムが近場の進学塾では提供されていない・・・となると、自宅学習で中学受験、という選択肢が現実味を帯びてきます。自宅学習で中学受験をしようという試み。これは以前からありました。もう30年以上も前から、自学自習+理解度確認テスト・・・いわゆる「テスト会」といった仕組みが大手進学塾で実施されてきました。塾授業が中心という仕組み。これは一部の学校を受験するための...

受験に向けての自宅学習の時間管理

我が家の自宅学習。時間割制ではなく、日割り制でまるまる1年半以上続けてきました。6年生前半までの日割り制の管理のポリシーはこんな感じ。① 基本的に1日1科目。とにかくその科目に集中する。② 時間割を作らないかわりに、課題が終わるまではエンドレス。これで集中と粘りを。③ その代わり、早く終わったら、あとは自由時間。課題の追加は絶対にしない。これが信頼関係のもと。④ ただし自由時間...

地頭受験の3点セット

現在6年生の我が家の娘は、算数が得意で国語が苦手です。実のところ「ぱぱ塾ぱぱ」には、少し謎の部分があったのです。同じ地頭を使っているのに、なぜ科目別に得手不得手が出てくるのか。我が家で地頭受験を考えはじめたとき、次のような単純なモデルを考えていました。 塾授業・宿題などで浪費される時間や努力の中から「ムダ」を徹底的に削ろう。 削ってできた時間の余裕を使って子どもの「地頭作り」「地頭磨き」に利用しよう...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング