地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Tag: 赤本ハウツー

スポンサーサイト

今年度前回入試の入試問題を入手するには

複数回入試実施校では、今年度前回入試の入試問題を公開してくれるところが多いと思います。過去問を解いてみるとわかりますが、入試問題の難易度は年度によって、難易度に若干の変動があります。前年が易しいと翌年はやや難しく、前年が難しいと翌年はやや易しくなる、というような波があったり、これはまた聞きなので真偽は不明ですが、前年度、中学受験雑誌に紹介された学校の入試問題はやや易しくなる(らしい)、というような...

そろそろ問題用紙も本番仕様に

解答用紙を本番入試のサイズに拡大コピーされているご家庭も多いかと思いますが、問題用紙も同じです。国語などでは問題用紙の方にも書き込みをしますよね。ですのでいままで我が家では問題用紙をA4片面にコピーして、これらのバラバラの紙を綴じずに娘に渡していたのですが、娘の解答過程を観察してみると、離れたページを隣り合わせに並べて参照していたり、A4片面印刷の裏側の余白を使ったりしていました。う~ん、これでは本番...

過去問を解く時のちょっとした工夫

過去問。これを解くときに、解答用紙をコピーして使われていると思いますが、ちょっとした工夫を1つ。本当に些細なことなのですが、解答用紙の大問・各設問への配点をあらかじめ書き込んでおく。これがかなり役に立つようです。お子さまが過去問を解くときは、まず始めにざっと解答用紙の全体を眺めることと思いますが、そのときの解答欄と配点のマッピング。これを毎回毎回、意識するとはなしに眺めていく。すると何をどの順番で...

初見の問題に強くなれば

類題をたくさんこなす必要もない。出題傾向を見切ってしまえばバッサリ捨てていい分野もはっきりします。基礎力だけをどっしりつけて、あとは「自分の頭で考える」習慣をつける。そんなわけで今のこの時期。実のところ、我が家ではもう学習課題といえるようなものがほとんどない。だから娘の受験予定校の赤本だけをやる。それだけの状態に近くなっています。で、赤本を徹底的にやっていくと、それはそれでまた、別に見えてくるもの...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。