地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Tag: 過去問分析・志望校対策

スポンサーサイト

偏差値は独り歩きする

中学受験における偏差値というもの。娘の受験のころから気になっていたのが、その数字の持つ意味。これがきちんと理解されていないのではないか。そう感じてきました。確かに偏差値というもの。これはお子さんの成績を示す数値ではあるのですが、それの持つ意味が忘れられて独り歩きするようになってしまう。お子さんの成績も学校の序列も偏差値で測られるようになる。これはおかしなことなのではないかと思うのです。偏差値のどこ...

「読み」と「解き」と

設問を「読んで解く」。ごく当たり前のことなのですが、今回はこの点について掘り下げて考えてみようと思います。いまひとつ盛り上がりに欠けるバンクーバーオリンピックですが、その中で(今また)注目をあびているのが「カーリング」ですね。駆け引きに技の精緻に。解説の小林さんの名調子もあって、視聴率も高いようです。ごらんになっておられるご家庭も多いのではないでしょうか。その「カーリング」を念頭に置いて考えてみる...

過去問を読めますか?

志望校群を絞り始めるとともに並行して準備を進めておく必要があるのが、各科目でお子さんが学んでいる単元の内容や解法への理解です。例えば算数ならば、「速さと比」や「場合の数」など、お子さんが毎日学習している内容をきちんきちんと把握してゆくこと。これが志望校対策をするうえでとても重要になってきます。公開してある過去問集計用シートをご覧いただければおわかりいただけると思うのですが、志望校の過去問。その出題...

今から志望校対策に手をつけよう

いまこの時期の志望校対策とは、志望校群を明確にすること。この1点に尽きます。多くのご家庭では志望校。これはまだあいまいなままだと思うのです。ですが学校選びに必要な情報はすでに公表されつつあります。四谷大塚で言えば従来は「入試案内」という冊子が配布されていましたが、今はオンラインで必要な情報を入手できるようになっています。いまのこの時期。志望校の候補を列挙してみること。これが大切になります。まだ学校...

そもそも志望校対策ってなんだろう

我が家の中学受験。振り返ってみれは「基礎学力の習得」+「志望校対策」。やったことはたったこれだけだったのでした。塾からの持ち帰りの学習課題に追われることもなく、じっくり、じっくり。基礎学力を身につけてゆく。ただそれだけのことに集中する。その他の学習課題に手をつけること。これはまったく必要ありませんでした。時間に追われることもなく、慢性的な時間不足に陥ることもなく。じっくり腰を落ち着けて、基礎学力を...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。