地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Category: 国語

スポンサーサイト

できる子の国語を実践する

ご家庭での国語の学習への取り組みを、ご紹介いただきました。メッセージありがとうございました。ブログの方に書きましたように、N研模試の国語、7月に続いて今回も偏差63でした。この3月までは、良くて55、悪けりゃ50を割り込むこともあった娘。せめて53~4で安定してくれ・・・と思っていました。4月の模試で56を取ってから、変化が現れ始めました。7月時点では、まだその変化が偶然の産物なのか確信が持てなか...

できる子の国語を手に入れるには

お手元の国語の「読解問題」の解答解説を読んでいただくとわかっていただけると思うのですが、そこには「課題文のどこそこに、こう書かれています。これをまとめます」という説明書きがある。つまり「根拠となる文」から「正解」への道筋は明らかにされているのですが、「設問」から「根拠となる文」への道筋。なぜかここはいつも伏せられている。要するにこの部分は自分で読解しなさい、という意図だと思うのですが、だとすれば、...

国語の正解はどう決まる?

我が家の娘の国語はもうどうしようもなくダメダメな状態でしたので、入試までにこれを、なんとかしなければなりませんでした。国語はセンスの科目、という見方が多い中で試行錯誤の中から我が家がたどり着いた結論。それは国語は「客観テスト」である・・・という認識でした。客観テストとは「ある根拠にもとづいて一意に決まる正解がある」ということに他なりません。これがなければ、そもそも「採点」というものが成り立たないの...

いただいたご質問から

以前にいただいたご質問から。国語の読解練習(「読み合わせ」と「解法のテキストを用いた練習」)について質問させてくださいこんにちは。初めてメールします。 都内在住の小4の国語苦手女子をもつ母親です。昨年、娘が小3の頃、色々中学受験本ものを読み漁る中でふと手に取った「地頭をみがけば中学受験は・・」を読み、ぱぱ塾ぱぱ先生について大変興味を持ったことから、併せてこちらのブログ記事をあちこち彷徨いながら拝読し...

過去問をベースにテキストを作る

過去記事の再録です。先日の記事で、国語の設問を解くためのテキスト作りを始めたことを書きました。我が家で使ってきた国語のテキスト。例によって出口先生のテキストなのですが、読解が中心になっていて、設問のタイプ別の「解き方」をまとめてあるわけではない。ですので、このために市販の別のテキストを持ってくることにした。で、この2つのテキスト。微妙に方法論が異なるんですね。まずこの点で娘を混乱させたくない。それ...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。