地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Category: 学校選びを考える

伸びざかりの学校をさがすには

そろそろ志望校を固めだす時期になりました。ご家庭での進捗はいかがでしょうか。受験予定校を洗い出すために必要になるのが入試データ冊子。中学入試実施校の過去の入試実績、典型的な併願パターン、進路情報などがまとめられたデータ冊子です。しかし、誤解を恐れずにいうならば、この冊子を読んだだけでは、はたしてその学校がお子さんに向いているのかどうかを知ることはできない。気になる学校の「文化祭」や「体育祭」なども...

学校選びと偏差値の壁

実際問題として、お子さんの「行ってみたい学校」の偏差値とお子さんの持ち点である偏差値。これらの間にギャップがある場合はどうしたらいいの?・・・当然ながら、そのような切実な疑問が生じることと思います。今回はこの点について、少しばかり踏み込んで考えてみたいと思います。偏差値の持つ意味を考えてみるお子さんの持ち点である偏差値。これは1つのテストでの総合得点からはじき出されます。国語が得点源のお子さん。算...

中学受験はもっと小さくなる

僕は「中学受験には前書きがあった方がいい」と書きました。中学受験に臨むにあたっては、「どんな学校に行きたいのか」「どんな受験をしたいのか」。そういう事柄をあらかじめはっきりさせておくことが大切だ、ということです。志望校があれば努力目標がはっきりしますし、対策のうち方も具体的になる。もちろんあまり早い時期から志望校を絞り込むことは難しい。お子さんによってはまだ具体的なイメージがわきにくいということも...

どんな受験を望むのか

料理のレシピ本。和食でも中華でもイタリア料理でもスペイン料理でも何でも。あるいはお惣菜本でもお弁当本でも同じことなのですが、料理のレシピ本には必ずといっていいほどテーマがある。もしテーマのないレシピ本みたいなものがあったとしたら、「書かれたとおりに作ってみたら、こんなものができました!」ということになる。そんな不思議なレシピ本。あったら面白いなあ、とは思うのですが、「ままぁ、今晩のご飯はなあに?」...

ランキン・ランキン

首都圏の東急線沿線にお住まいの方は目にされたことも多いと思いますが、(おそらく東急系の)RanKing RanQueen というお店があります。「ぱぱ塾ぱぱ」はそのお店に入ったことはないのですが、どうも毎週?カテゴリを決めて、そのカテゴリ内での人気商品を、何かの人気順でディスプレイして販売しているお店のようなのです。「ぱぱ塾ぱぱ」にはまったく「はいおぱぴ?」状態なのですが、そのお店を観察していると、どうやらそこに...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング