地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Archive: 2009年09月

教養ってなんだろう?

「勉強はできるけどバカなのよ」かなり以前、さる週刊誌の吊広告にデカデカとのっていた見出しです。発言者は「さる大臣」の奥様。「勉強ができること」と「常識的であること」の2つの尺度は正規直交しちゃってるんだなあ、とちょっと納得させられた見出しでした。「ぱぱ塾ぱぱ」は、「常識」というものの価値をおそらく一般の方々の半分程度しか評価していないのではないかと思うのですが、それでも「常識」とは大多数の方々が支...

プリンを描かせてみよう

「ぷっちん」の方ではなくて、逆さ?にしてお皿にのせたやつです。ほとんどのお子様はまず、プリンのてっぺん・・・カラメルソースののったところを丁寧に楕円形に描きます。次にプリンの輪郭線・・・つまりはハの字形の部分を描きます。ここまではどのお子様でも同じ。で、最後にプリンの底の部分を描いてお皿を書き足して終わると思うのですが、「ぱぱ塾ぱぱ」の経験からいうと、最後の部分の描き方が大きく2つのパターンに別れ...

FC2に各種ソーシャルブックマークアイコンを追加する方法

FC2ブログにソーシャルブックマークアイコンを追加してみました。各社のソーシャルブックマークは文字エンコーディングが異なるようで、FC2の記事タイトル(euc?)をそのまま渡そうとすると文字化けしてしまう場合があります。我が家のブログにこれらのアイコンを追加するために、ちょっとしたコードを書いてみましたので、よろしければ参考にしてください。動作のサンプルは各記事のボトムバーの各アイコンをクリックしてみて...

造語あそびのもつ意味

昨日の記事で「造語あそび」と「地頭のよしあし」には、わけはわからないものの、なんとかく何か相関がありそうだと書きました。一晩考えてみたところ、なんとなくその理由がわかってきたような気がするので、ここに書き付けておきます。昨日の記事では、たまたま四字熟語の意味を確定する文字を○(=臨機○変)にしていたのですが、「臨機○変」の部分を「脈絡パターン」、○の部分を「知識」だと考えると、造語能力と地頭のよしあし...

地頭のよしあしを診る

今日、娘が学童保育に行くときに、なぜか思いっきり自転車で天地無用にすっ転んできたため、打ち身と擦り傷で身動きが取れず、いまは隣の部屋のフトンの上に寝転んで「ペリーヌ物語」のDVDを見ています(そういえばアニメ「世界名作劇場」シリーズはヨーロッパでも人気が高いそうで・・・これをみて育った子供が情緒が安定するとかなんとか、どこかでそういうコメントを見たことがあります)。そういうわけで、今日はもうこれで...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング