地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Archive: 2009年10月

地頭を磨いて中学受験

「勉強のできる子」じゃなくて、「頭のよい子」に育てたい・・・。ずうずうしくも、そんな風に思うようになったのは、いまから5年前、娘が小学校にあがる前に、この本(「ごまかし勉強」)に出会ったのがきっかけでした。この本に書かれているのは、「わかる楽しさ」「考える楽しさ」が、学習意欲への好循環を生み出すということに尽きます。最近よく耳にする「地頭(じあたま)」の良さという言葉も、根っこは同じです。同じ5年...

ぱぱ塾まま塾の参考書

この記事では、我が家が自宅学習で中学受験=「地頭磨き塾」を開くにあたって参考にした「基本図書」をまとめて紹介いたします。以前の記事と重複する部分もありますが、ご容赦くださいね。またお子様が塾に通われておられるご家庭での自宅学習にも役にたつ内容があると思いますので、ご参考ください。お子様が小学校に上がる前にせひ読んでおきたい本:ごまかし勉強〈上〉・〈下〉 藤澤伸介著学ぶ意欲の心理学 市川伸一著「わかる...

地頭受験とは何だったか

地頭受験。それをひとことで言えば、知識や演習量の多寡で結果を競い合うのではなく、ある種の「知の方法」を身につけることで中学受験を乗り越えることだったのでした。その「知の方法」とはどんなものかといえば、大人の世界でいうところのコンサルテーションの方法。これにとてもよく似ているのです。コンサルタントは常識の世界を扱います。常識の世界に住まう人たちにとって「まさかそんなところに?」というポイントを発掘し...

2つのメッセージ

大晦日の夜。見るとでもなく聴くとでもなくかかっていた紅白。そこには2つのメッセージがありました。♪負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は♪誰の言葉を信じて 歩けばいいの?♪ああ 負けないで 泣かないで 消えてしまいそうな時は♪自分の声を 信じて歩けばいいの♪いつの時代も 悲しみを避けては通れないけれど♪笑顔を見せて 今を生きていこう♪今を生きていこうアンジェラ・アキの「手紙~拝啓 十五の君へ」。十...

育ち盛りはおねむ盛り

娘の睡眠時間。まだまだ最低でも8時間は必要でしょうか。いまもそんなサイクルで廻ってます。昨日のこと。学校行事の振り替えで学校はお休み。ほんとうに久しぶりのことでした。娘は朝から学童の一日保育に出かけていました。たまたま昨日は学童保育の行事の日。「ウォークラリー」があったようで、遠くの公園まで出かけてきたようです。とても楽しかったのでしょう。夕方、電話がありました。「あと1時間、学童にいていい?」。...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング