地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Archive: 2010年03月04日

スポンサーサイト

中学受験はプログラムできるか

「中学受験をプログラムする」、という言葉。僕がこの言葉に込める思いは1つ。中学受験の「起承転結」。これをはっきりさせること。そのために必要な手だて・・・「目標と時期と内容と」・・・を1つずつステップを踏んであらかじめ明確にしておくこと。そういう意味になります。当然ながらそういうものは進学塾のカリキュラムにも組み込まれている。ですから塾まかせにしていてもある程度、意識することなくこなしていくことはで...

塾授業を参観すれば

塾授業を参観すれば、見えなかったものが見えてきます。年に数回ある保護者面談で塾講師の先生の資質を診ることも大切ですが、それ以上にふだん毎日お子さんが受けている塾授業というもの。これがどのようなものかをきちんきちんと観察しておく。これはかなり重要だと思うのです。5年生であれば週2~3コマ。6年生であれば週3~4コマにもなる塾の科目別の授業。1週間のトータルでみればかなりの時間になる。その時間を有効に...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。