地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Archive: 2010年10月

アタリをとる

僕がまだ幼かった頃。ちょうど娘ぐらいの年ごろだったと思います。僕の住んでいたところは全くの田舎で、身近にいつも自然がありました。これは親父の影響だと思うのですが、根っからの釣り好きで。海に山に川に。朝は4時過ぎには起きだして友達と待ち合わせ、自転車を漕いで海岸の堤防の突端に釣りに出かける。そんな日々を過ごしたこともありました。いろんな魚を釣りました。海ではイシダイにアブラメに。アジやサバ、それにズ...

スイッチを1つ1つ点検する

過去記事の再掲です。「なんとなく解ける」のではなく、「解答戦略を持って問題に取り組む」。いまの我が家の重点課題です。娘の100日を越えるブランク。結局のところ、これを乗り越えるためにこの7週間=1クールを使うことになりました。娘のさび付いた算数脳・国語脳を復活させるためにいろいろと試行錯誤してきましたが、やっと「あきらめずに問題に喰らいつく」レベルまで持ってくることができたように思います。ですので...

こどものじかん1000日

中学受験で得るもの。それは高い目標に向けて渾身の努力をしたという実体験。たとえ結果はどうあれ、自分の掲げた目標に全身全霊をかけてチャレンジしたという経験=「経験知」です。他では得ることのできない実体験。これはお子さんのものを見る目を養うことでもありますし、むろん人生の糧ともなります。楽しかった思い出。苦しかった思い出。さまざまだと思います。しかし時を経て思い出されるのはきっと楽しかった思い出ばかり...

中学受験と子育ての交差点

中学受験と子育ての両立、というテーマ。奥が深くて手をつけかねている部分もありますが、それでも中学受験を通して豊かな学びを子どもたちに授けてあげたい、とそんな思いからこのブログを続けています。昨日の記事に対するアクセスをみると、「っほんと~にっ!」人気のないテーマのようでがっかりですが、それでも素敵なコメントをいただくことができ、とても励みになりました。ありがたいことだと思います。いつまで続けられる...

不思議だらけにしてみよう

過去記事の抜粋・改題です。僕の子育て。当初はまだそんなことをそれほど強く意識していたわけではありませんが、「学びの力」。この点についてのこれまでを振り返ってみると、身の回りにはたくさんの不思議がある。で、その不思議について学ぶことは面白い。そんなメッセージを娘に伝えてきたように思います。例えばまだ娘が保育園に通っていたころのこと。クルマで送り迎えをしていたのですが、そんな折。娘はこんなことを言い出...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング