地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

Archive: 2018年05月11日

スポンサーサイト

子どもなりの教養とは

受験予定校を洗い出すために必要になるのが入試データ冊子。中学入試実施校の過去の入試実績、典型的な併願パターン、進路情報などがまとめられたデータ冊子です。しかし、誤解を恐れずにいうならば、この冊子を読んだだけでは、はたしてその学校がお子さんに向いているのかどうかを知ることはできない。気になる学校の「文化祭」や「体育祭」なども、十二分に活用する必要があります。しかしそこからその学校がどんなカラーである...

教養ってなんだろう?

「勉強はできるけどバカなのよ」かなり以前、さる週刊誌の吊広告にデカデカとのっていた見出しです。発言者は「さる大臣」の奥様。「勉強ができること」と「常識的であること」の2つの尺度は正規直交しちゃってるんだなあ、とちょっと納得させられた見出しでした。「ぱぱ塾ぱぱ」は、「常識」というものの価値をおそらく一般の方々の半分程度しか評価していないのではないかと思うのですが、それでも「常識」とは大多数の方々が支...

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。