地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論説文の読解:出口メソッド


新6年のスタートが切られました。「ぱぱ塾」でも新カリキュラムに沿った学習が始まっています。

さて、「ぱぱ塾」の今年前半の学習カリキュラムの国語に組み込んだ「出口メソッド」ですが、始めてまだ数日だというのに、父娘ともども驚きの連続です。なにせ国語が苦手な娘が取り組めるレベルの内容であるにもかかわらず、「ぱぱ塾ぱぱ」が読んでも「へえ」「なるほど」「そんな風になってるのか」というように「新鮮な知識」がどんどん流れ込んでくるのです。論説文が読解できるようになるというような次元をはるかに超えてます。年齢に関係なく「国語がまるごとわかっちゃう」ような手応えがあるのです。

このテキストに取り組んだ小学生は、おそらく難しい語句の知識だけ補ってやれば、大人向けの論文でも読み解くことができるに違いありません。出口先生の「国語は論理だ」という主張がまるごと体感できるのです。「いままでの国語はなんだったんだ」というような憤りさえ感じます。国語は小~中~高と、まるまる12年学習するわけですが、実はその内容が「課題文を差し替えている」だけで、設問への取り組み方については小中高を通して同じことを繰り返し練習しているにすぎないのではないか・・・極論するとそんな実感があるのです。

ちなみに我が家で選択したテキストは、過去記事でちょっとだけご紹介した「論理エンジン」ではありません。入手も簡単です。ぜひ情報収集に走り回って、お子様に最適なテキストを与えてやっていただきたいと思います。

2008年2月6日記す
--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト

Comments

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。