地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

論説文の読解:設問部を読解する


娘の国語。記述の精度についても、理由を問う設問や心情を問う設問など。あるいは部分点の狙い方など。そんなあれこれを「ゲームのルールブック」にしたがって解いてゆくことで身につけていきました。ところが最後に残った問題点がこれ。典型的な記述の設問である、「~とあるが、これはどういうことか。○○文字以内で答えなさい」。これを乗り越えることができずにいました。「ルールブック」によればこれは「言い替え」の設問であるとのこと。「~とは、つまり~ということである」。それを答えればいい。それは分かったのですが、ではその言い替えのための「根拠となる文」。これにはどれを使えばいいのか。典型的には論説文。出口先生によれば、筆者の主張は繰り返し形を変えて現れる。となると「根拠となる文」を選ぶ根拠。それをどう考えたらよいのか。これは娘にとっても僕にとっても謎の多い部分だったのです。これを乗り越えなければ記述の得点力は半減してしまう。ですからこの謎はどうしても解決する必要があったのでした。

この問題の解決への糸口は、過去問の中にありました。娘が志望校の過去問を解いている時のこと。僕は「設問」と解答解説にある「根拠となる文」と「模範解答」の3つを見比べておりました。そのとき「あっ」と気がついたのが、「設問」と「根拠となる文」の2つ。これがいつも共通のキーワードで結ばれていることでした。考えてみれば、理由を問う設問も心情を問う設問も、課題文の「筆者」の観点での理解が問われている。しかしこの「~とあるが、これはどういうことか」という設問だけは、設問の「作問者」の観点での理解が問われているんですね。なるほどっ!と思いました。このタイプの設問は、作問者の出題意図を読み取らなければならない。ならば、設問それ自体も「読解の対象」にしなければならないのだと。設問それ自体を読解する・・・。これは盲点でした。僕は急いで記述問題の設問のパターンを整理して、それを「ゲームのルールブック」に追加しました。

これが最後にして最大のスイッチでした。このスイッチをONにしたとたん、いきなり娘の「根拠となる文」の拾い出しにあった「ぶれ」が消え失せました。一気に得点力が上がるとともに、この「ぶれ」に振り回されて浪費していた時間。いきなりこれもゼロになったのです・・・。

関連記事:

--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。      お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ        アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト

Comments

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。