地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学受験はもっとシンプルになる


いまどきの中学受験には無理・無駄がたくさんある。過剰であり、かつ不足である。そう思います。中学受験をするために履修する必要のある単元の総量は変わりはありません。その履修範囲をカバーするために進学塾に通う。この構図には何の不思議もありません。ですが、進学塾から与えられる持ち帰りの学習課題。その内容を吟味してみると、そこには本当に必要な学習課題が欠けているように見える。欠けているにも関わらず、その量は過剰なんですね。言われたとおりにやってみる。ただひたすらその量をこなしてゆく。はたしてこれでいいのか、ということなんです。

何が過剰なのか。それは塾授業で伝達された学習内容。それをお子さんに「定着」させるための持ち帰りの学習課題。ただひたすらに教えられた解法を覚えるための機械的な繰り返し・・・。基本を身につけるための繰り返し。これには異存はありません。ありませんが、果たしてその繰り返し。お子さんの持ち時間を有効に使えるようになっているのだろうか。このような目でみてみると、ただひたすら量をこなすだけの学習課題。お子さんがその学習課題をじっくり咀嚼して身につける。そのための時間はどこにあるのか。ここが欠けている。そう思わざるを得ない。そうなんです。量をこなすだけでお子さんの持ち時間は消費し尽くされてしまう。お子さんの理解が深まらないままタイムアウトしてしまう。時間切れで次の単元に向き合わざるを得ない。そういう構図が大半を占めているように見えるんです。

必要なのは、持ち帰りの学習課題を全てこなすことにあるのではなく、お子さんの理解を深め、考える力を身につける。そのために工夫された学習課題であり、そのための時間なんです。数少ない厳選された良問に、じっくりと腰を据えて取り組む。そのような取り組みでも、同じように学習課題を身につけることができる。さらにそこから、お子さんの考える力を引き出すこともできる。ゆったりした時間の中から得られる学習効果。それは量をこなすことから得られる学習効果とは質的に異なるんです。Keep It Simple Stupid。ものごとをあるがまま、愚直なまでにシンプルにしておこう。これを意識することで、お子さんの学びは、きっと変わっていくのではないかと思うのです。

--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト

Comments

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。