地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いもづる式


ここのところ、娘の学習課題の総復習の結果から、面白い効果が見えてきているようです。

算数の総復習。予習シリーズ算数6年下の例題を使っていたのですが、その内容。6年上までの学習内容からみると、本当にさわりの部分をちょっとなでるだけ。「ぱぱ塾ぱぱ」にはそんな印象があったのです。

「こんなんで大丈夫なんかな~」

そんな「ぱぱ塾ぱぱ」の心配を覆すように、娘の算数脳。100日間のブランクからくる休みボケやテストボケ。そんなものをものともせず、なんとなく全体が活性化されつつあるように見える。1を復習して10を思い出す。そんな「いもづる式」の復習になっているようなのです。これはいままでのところまでの話でこの先はどうなるか予想できないのですが、目もあてられなかった夏休み最後の「組み分けテスト」。そして今回の「合不合①」。算数のレベルは順調に回復しつつあるように見える。この「右肩上がり」の傾向がいつまで続くのかはわかりませんが、娘の「脳内わかっちゃった回路」。このスイッチが1つ1つ入りつつあるように見えるんですね。

「練習問題」などの演習問題。こんなようなものにははまだ一切手をつけていない。ただただ「例題」を一通りなめただけなんです。「覚える」ことを主眼とした学習をしてきたら「忘れる」ことも念頭においておかないといけないように思いますが、どうやら「わかる」ことを主眼とした学習をしてくると「わからなくなる」ことはないのではないか。娘のこの現象。そんなふうに理解しています。

2008年10月2日
--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト

Comments

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。