地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地頭は中学受験に通用するか


1つの設問に対して何通りの「読み」ができるか。前記事で使った言葉でいえば「設問に対する対応能力」というもの。これを伸ばしてゆくことで中学受験と向き合ってみる。このような取り組み。中学受験と子育てを両立させたいというご家庭への1つの答えとなるのではないか。僕なんかはそう考えているんですけれども、お子さんのこのような能力。実は「地頭力」というものと密接に絡んでいるように思うんですね。設問に対する適切な「読み」ができること。あるいはそれまでのやり方に囚われず新しい「読み」ができること。このような力。実社会で直面する様々な問題に対する対処能力と同じものなのではないかと。でもってこの点こそが「地頭力」というものを測る尺度そのものなのではないか。そう思うんですね。

このような力は中学受験でも役に立つ。初見の問題をものともしない力。そんなところに発揮されるんですね。だとすれば子育てを通してこの「設問に対する対応能力」を伸ばしてあげれば、無理な受験勉強をせずとも入試問題に対処することができる。そうして空いた時間を外遊びの時間に充てることで、この時期の子どもたちに必要なさまざまな実体験を経験させてあげることさえできる。このような考えですが、これが我が家の「地頭受験」の原点にあったのでした。

で、このような対処能力。前記事で書いたようにトレーニングすることができる。『教育とは教えこむことではなく、引き出すことである』・・・という言葉にあるように、お子さんの力をうまく引き出してあげることで高めてあげることができる。日高敏隆先生のお言葉になぞらえていえば、まさに遺伝的にプログラムされたお子さんの資質をどれだけよく具体化できるかが教育の役目である、ということなんですね。詰め込み教育の時代は終わりました。知識の多寡で評価される社会はもう過去のものとなろうとしている。だとすればどのような教育をお子さんに授けてあげることができるのか。これを中学受験という1つの機会をとらえて実践してみること。実のところこれはとても大切なことのように思えるのです。

関連記事:
--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト

Comments

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。