地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中学受験の志望校選び


「学びの場」として大学進学を考えてみると、大学のブランドというもの。実のところこれはあまり重要ではない。むしろお子さんの将来の進路・・・「何になりたいのか」・・・によって選ぶべきものだといえます。あくまで東大・早慶・MARCHなどをお子さんの進学先に考えたい、という見方を否定するつもりはないのですが、例えば東大に進学したからといってお子さんの望む進路への道が開けているわけではない・・・駒場では進学振り分け・・・というものがある。むしろいっそう厳しい環境で、進路を「選ばせられて」しまう、という現実があるのです。大学附属校でも事情は似たり寄ったり・・・希望の学部に進めるとはかぎらないんです。ですから大切なことは、お子さんが将来何になりたいのか。その展望が最も開けるような進路にお子さんを進ませてあげること。これが大切なのではないかと。

我が家の娘の志望校選択で最も留意した点も、この点でした。受験した2校のうちの1校。その学校では進路指導と進学指導を分けていました。進路指導は「何になりたいか」。進学指導は「そのためにはどの学校の何学部・どの研究室」に進むべきか。明確に分けた指導をしていたのでした。受験したもう1校は高卒就職を含め、お子さんの「何になりたいか」を最優先にした進路指導をしていたのです。どちらの学校も進学校であるにもかかわらず、お子さんの「何になりたいか」を最優先にする学校だったのでした。そしてそのためにどのような素養・教育が必要か・・・そのような観点からカリキュラムが組まれている・・・そのように見えましたし、実際に入学して中学の授業をうけるようになってからもその印象は変わりありません。

「中学受験」を通して「大学受験」を診る。そのような見方が大勢を占めているのは承知の上で、もし診るのであればその先「何になりたいか」に軸足をおいてみる。いまこの時点で明確ではなくても中高一貫教育の中でそれがはっきりしてくることもある。ならばそのような点を念頭において学校選びをしてみる。いたずらに「大学受験」を念頭に「中学受験」をするよりも得られるものは多いのではないかと考えるのです。

--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト

Comments

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。