地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難関校に合格することは必要か


難関校に合格することは必要か、と問われた時、どのように答えるにしても、例えば皆さんの胸の内には「お子さんを東大に合格させるために」という暗黙の前提があるように思います。これをもう一度書けば、「お子さんを東大に合格させるために、難関校に合格することは必要か」となる。日常でここまで赤裸々に表現することはまずないにしても、難関校にお子さんを進ませたい、という動機の一つにはこのことがある。これを真っ向から否定できるご家庭はほとんどないのではないか。これをさらにあからさまに言ってしまえば、「難関校への合格=東大への切符を手に入れること」であると。そういう暗黙の理解があるわけですね。

しかし難関校に合格することは、東大への道の必要条件ではありません。十分条件でもない。東大入試というものはあらゆるお子さんたちに平等に開かれている。これは自明のことです。お子さんがどんな学校に進もうとも、もし東大入試にチャレンジしたいと思えば、その道は開かれているんです。そういう点を踏まえて、あらためて「難関校に合格することは必要か」・・・と問いなおしてみると、これが曖昧になってしまう。そんなご家庭も多いのではないでしょうか。

御三家レベルの難関校に合格されたお子さんたちは幸いです。ここで生涯の友を見つけることもあるでしょう。友人との高いレベルでの切磋琢磨をすることで自分を磨くこともできるに違いありません。難関校の建学の精神。それも御三家といわれる学校には、今にまで連綿と受け継がれている骨太の建学の精神がある。その精神に共感して進学されたお子さんたち。きっと豊かな青春時代を送られることになると思います。お子さんの人づくりの場としての6年間。これこそが難関校というものの健全な理解のしかたなのではないかと思うのです。

いっぽう、「東大への合格」を念頭に難関校に進学されたお子さんたち。そのお子さんたちは全員が全員、必ずしも東大に進学できるとは限りません。むしろ東大進学を逃したお子さんにはトラウマが残ってしまう可能性さえあるんです。ですから、もしかりにお子さんに東大を目指させるとしても、お子さんの発達段階に応じてお子さんに適した学校を選んでゆく。そういう道もあってもいいのではないか。もし無理をして御三家レベルを目指すことで不幸な中学受験生活をおくるようなことになってしまうのであれば、それは本末転倒なのではないかと思うのです。

--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト

Comments

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。