地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

読者コメントをいただきました

シェアする

地頭本に読者の方から新しくコメントをいただきましたので、ご紹介させていただきます。

内容紹介

中学受験の常識は子育ての非常識。受験と子育てという2つのものは、まだお互いにうまくなじんでいないのではないだろうか……。子育てよりも受験の結果が優先されがちな今日の風潮に疑問を抱いた著者は、受験というプロセスの中に、子どもの「地頭力」を引き出すことのできる可能性を見出してゆく。著者は本書で、中学受験期という難しい時期を、親子で力を合わせて乗り越えてゆくために必要な考え方とその方法論を、実例をもとに明らかにしてゆく。受験と子育ての両立に悩むご家庭や、これから子どもたちの「学び」のあり方を考えていきたいというご家庭に向けた、無理のない中学受験を考えるための、一つの新しい処方箋。

著者コメント

我が家の中学受験。もし中学受験を「必要悪」だと仮定せざるを得ないのだとしたら、この子供の成長期に絶対的に必要な「外遊び」や「経験知」などというものとどのようにしたらうまく折り合いをつけることができるのか。あるいは「中学受験」そのものを「子育ての一部」として最大限、うまく活用する方法はないのか。そんなシンプルな疑問から始まりました。それが我が家の「わが子の地頭をみがいて受験する」というコンセプトの土台であり、それを紆余曲折を経ながら探求していくうちにたどりついたもの。それが「小さな受験」という1つの考え方として結実することとなりました。本書では、この「小さな受験」を実践するためのさまざまなヒントを紹介しています。

書名: 地頭をみがけば中学受験はもっとシンプルになる 2018年 文芸社



★★★★★ 受験指南書で展開される教育論の実践

田中貴氏の「中学受験これで成功する!母と子の『合格手帳』」の方に書いた内容を交えながらのレビューです。

***
今年2018年に受験を終えました。私自身が中学受験を経験していないので、子どもが2年生くらいから中学受験関連の本や雑誌を読み始め、相当数の本に目を通しました(軽く40冊は超えると思います。仕事柄、関係書籍を読み漁る癖があります)。本屋で軽く立ち読みすればいいようなもの、内容がスカスカで読み終わった後ほとんど頭に残らないものなど色々ありましたが(そういうことで、6年になるまでに古本屋へさようならした本多数…)、田中貴氏の「中学受験これで成功する!母と子の『合格手帳』」もそうでしたが、こちらの本も、子どもが小3の時に購入したときから最後の最後まで手元に置いておきました。言っていることはわかるもののあまり共感できない受験本など色々ある中、受験勉強はそのように進めていけたらいいなと親の気持ちを落ち着かせ(本来、教育が目指すところ、目的はそういうことだと思い出させてくれ)、地に足の着いた考えとともに、前向きにかつ冷静に考えられるようにしてくれる本でした。

子どもが将来に渡って自ら学ぶ意欲や力を培うことが目標であり、そうした意欲や力を削がずにどのように親は受験をサポートしていけるのか。どの時期に何をどのように勉強を進めていったのか、娘さんの体調や様子を交えながら、ご本人の試行錯誤の過程も具体的に示され、親として何ができるかを柔らかい口調で、しかし徹底的に(娘さんの思考プロセスを、彼女の目線を追うレベルにまで丁寧に見ながら)寄り添い指導していくプロセスを、日記的に(ブログ記事をもとに書かれた本ということもありますが)娘さんの成長の様子を一緒に追っていける、ちょっとしたドキュメンタリー的な?内容になっています。

勉強のスケジュールを、娘の体調不良に合わせて何度も練り直し、パパ塾の先生として、感情の起伏を感じさせない落ち着いた口調で語りかけてくれる文体で(ブログ記事の方では、やる気のない様子…甘えが見られる娘にちょっとした苛立ち/心の乱れを書かれている部分もあり、むしろそれを読みホッとしましたが(笑))、あれもこれもと欲張りがちな親に、歩むべき方向を指し示してくれる、そんな感じの内容にもなっています。こちらも前掲書の田中貴氏の本と同じく、落ちても受かっても、中学受験という体験が子どもにとってプラスの意味・意義を持つようにしていきましょう。という通奏低音が常に響いてくる良書だなと思いました。

教育とはこういうものですよね。という部分が共感できたことも大きいのですが、それだけでなく、この時期こういうことをした、ここをしっかりやらせたのがよかったなど、読み手(親)が、この時期であればしっかりやらせるべきこと、親がやるべきこと(特に過去問分析と過去問をベースにした勉強のさせ方)が具体的に書かれていた点は大変役に立ちました。(注意すべき点が2点。第一に、具体的な勉強方法のノウハウが具体的に書かれているのですが、本文にさらりと書かれている内容を実践するためには、親の方も相当頑張らなければならないことが、実際に受験の年になってみてはじめてわかります。第二に、本書を読み、ブログを通読すると、親としてここまでやれるのかと自らを反省し、心打たれ、自分もという気持ちに大いにさせられるのですが、本書にあることを実践しようとする場合、子どもの生活全般に関わっている親一人でやれることではないということも念頭に置きつつ読まれた方がよいと思います。)

筆者のブログ記事は現在もそのまま残されていて本書では省略されている部分も含めて遡って参照することができるので、ぜひ本書を手に取られた方はブログの方も併せて読まれることをお勧めします。ありがたくも、著者ご本人からコメントを頂くこともできます。

なお、こちらの本を読んで共感できた方は、先に挙げた「中学受験これで成功する!母と子の『合格手帳』」もお勧めです。親が近視眼的にならずに子どもをサポートするのがよいという姿勢は、どちらも共通しているように思います。

受験を終えた今振り返ってみると、こうした本を読んでもなお、子どもにやらせることを色々と欲張り過ぎた/子どもと不必要なバトルを幾度も繰り広げたなと反省する点も多く、親の在り方として後悔の無い受験だったかと聞かれると歯切れのよい返事をできませんが、親としてやれることはやったという気持ちはあります。

どうぞ皆さまにとっても、親自身が後悔しない中学受験となりますように。

関連記事:

--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト



Comments

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング