地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

怒涛の気合いと集中力

シェアする

そろそろ入試モードに切り替えなくては、と思っていた矢先でした。いきなりきました。怒涛の気合いと集中力。

きっかけは何だったのか。それはよくわかりません。とにかく昨日の算数の過去問。ラスト10分。まだ解答用紙は半分ほどしか埋まっていなかったように思います。ところがそこで娘の中で何かが変わった。いきなり鉛筆がうなりだした。机が揺れているのではないかと思うほど。一気に解答欄が埋まりだした。筆算をする音が部屋中に響き渡る。制限時間のアラームが鳴ったとき。解答用紙はほぼ埋まっていました。

「問題用紙しか見えなくなった」

娘はこのときの様子をそう言います。はたしてラスト10分で埋めた解答欄。ほぼすべてが正解でした。見れば設問を解く順番はバラバラ。(1)を解いてあると思えば(2)を飛ばして(3)を解いてある。作問をした先生が期待していたであろう思考経路なんかまったく問題にしていない。とにかく設問を見る。考える。ひらめく。それをねじ伏せては別の解答欄の穴を埋めに跳ぶ。このラスト10分の怒涛の様相は、おそらくそんな感じだったのだと思います。

このところ続いていた娘の「算数ボケ」。症状は深刻でした。どうということのない設問。これが娘の思考回路に響かない。「この問題、なんだっけ」というコトバのくり返し。「ん~」としばらく考えては「あ、そうか」。そういってはちょこっとその設問を解く。で、次の設問に行くのですが、横から見ていると解答欄への書き写しを間違っていたり。そうこうしているうちに制限時間がくる。採点をする。時間足らずで手のつかなかった空欄が目立つ。解答してあるところチェックすると、「算数ボケ」からくるミスで落としている設問があちこちに。まず赤ペンで採点。次に解き直しでちゃんと解答できるところに青ペンで採点。この点数の差。毎回毎回20~30点ほどもあったでしょうか。そんな状態が続いていたのです。

昨日の過去問の出だしも同じような様子でした。「この問題、なんだっけ」というコトバが飛んでくる。いつもなら答えるでもなく返事をしていた「ぱぱ塾ぱぱ」でしたが、どうやらこれがよくなかったらしい。昨日の「ぱぱ塾ぱぱ」。娘の「算数ボケ」がどのあたりに集中して分布しているのかを把握するために、娘が以前に解いた過去問の解答状況の集計に没頭していたんですね。なので昨日の「ぱぱ塾ぱぱ」の反応。「ボケてんの?じゃとっとと次いって」。つれない返事に娘は不満そうでしたが、しばらくその設問にこだわりつづけたあと、あきらめて次の設問に行く。そのくり返し。制限時間を半分すぎたころにはもう最終設問にまで行ってしまいましたが、解答欄は半分ぐらいしか埋まっていない。その後しばらくは「算数ボケ」で解けなかった設問をいったりきたり。「ぱぱ塾ぱぱ」がキッチンタイマーを覗いたときには、もう10分あまりしか残り時間がない。

「今日はひどいね~。こりゃ受験は無理かもしれないね~」

そうつぶやいて集計に戻ってしばらくたったあたりから、この「怒涛の気合いと集中力」が発現したようなのです。解答欄が白いことに対する「くやしさ」なのか、「受験は無理かも」というコトバにアタマをぶん殴られたのかどうかしたのか、娘本人には自覚がないらしいのですが、一種の「逆ギレ」状態を起こしたんでしょうか。バラバラバラっと問題用紙をめくる音がし始めたあと、最初に書いたような状態になったのです。

そもそも娘の「集中力」。9ヶ月ほど前に心の病で見失ってからというもの、娘の学習とはずっと無縁のものでした。ましてや「気合い」などというもの。「ぱぱ塾ぱぱ」にはそもそも娘にそんなものがあるとは思ってもいなかった(汗)。しかし娘自身はこの「怒涛の気合いと集中力」が発現したあと、ひと皮むけた、というのか、いままでアタマの中に沈殿していた「オリ」のようなもの。これが吹き飛んだようにサッパリと爽快な気分になったようです。

さてさてこの「怒涛の気合いと集中力」というのか、前向きの「逆ギレ」状態のようなもの。一過性のものなのか、ここを転機としてモードが切り替わっていくのか。それはわかりません。ただ、この体験を通して娘が手に入れた「爽快な気分」。これが前向きに作用していくことを祈るばかりです。

2008年12月6日記す
--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト



 算数ボケ メンタルヘルス

Comments

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング