地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

忙中閑あり

シェアする

昨日のN研模試。最後の公開模試でしたので、じたばたすることもなく、ただただ淡々と受けてきました。

「がんばっておいで」「うん、がんばってくる」・・・で、終了後の会話が、「がんばってきた」「そうかそうか」。

特にがんばった内容もチェックすることもなく、ただただ結果待ち。そんな感じで臨んでみました。ただ、そこはヘンジンの「ぱぱ塾ぱぱ」のこと。こういう機会を漫然と使うのはやはり少々もったいない。そんなわけでちょっとしたギミックを試してみたのですが、娘の集中力アップにかなり効果がありそうな手応え。そんなわけでこのギミック。実際の入試で使ってもよいものかどうか、受験予定各校の入試担当の窓口にメールで問い合わせを。それぞれの担当の方からはご丁寧なお返事をいただき、おそらく問題はないだろうということでしたが、なにせ前例がないことなので、入試当日、監督官の方に一応確認を取って欲しい・・・そういう返答をいただいた学校もありました。「前例がない」・・・まあそうだろうなあ、と思います。

さてさて、今回の試験会場。自宅近くでしたので、徒歩で送り、自宅で待機して、徒歩で迎えに行ったのですが、その自宅待機の間のできごと。「道真さん」を祀ってある我が家の小さな神棚。娘の筆になる「道」の書がなぜかペロリとはがれ落ちそうに。「うわっ」っということで大慌てで修復。今後絶対にはがれ落ちることのないように、厳重に補強などをしておりました。

それと、模試会場への送り迎えの風景。マスク姿のお子さんが増えてきましたね。この時期、余計な病気はもらいたくない。気持ちはよくわかるのですが、あの手のマスクはウィルス感染を防ぐ効果はあまりないらしい。本気で感染予防をしようとすると、N95マスクあたりが必要になるようですが、これはかなり息苦しい。これを使ってまともに試験を受けるのはちょっとどうかな、と。ただ、お風邪を召したお子さんの他人に対するエチケットマスクとしては大切なことだろうと思います。とにかく入試期間に向けての対策。やはりワクチン接種が最大の武器になります。確実に2回は接種を受けておくのがいいようですので、まだのご家庭はお急ぎいただくのがよろしいかと。

でもって娘のほう。狭く密集した試験会場にいたせいか、やはり軽い風邪をもらってきたようです。すこしばかり「お熱ぽっぽ」で軽い咳・鼻水なども。なので昨日の学習予定はすべてキャンセル。のんびりと1日を過ごしました。我が家は共稼ぎであることもあり、なかなか24日・25日のスケジュールが確保できないので、たいてい23日の天皇誕生日にクリスマスの1日を過ごします。昨日も試験が終わった後、プレゼントの交換やクリスマスの1日をのんびり過ごしました。娘は年賀状の準備などもしていたようです。

いずれにしても入試当日までカウントダウン体勢。やるべきはやる。休むべきは休む。とにかく娘の体調管理を第一にこれからの日々を過ごしていこうと思っています・・・。

2008年12月24日記す
--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト



 入試シミュレーション 公開模試 耳栓

Comments

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング