地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

小手先の力ではなく

シェアする

お子さまの中学受験を考えておられる保護者の方とお話させていただきました。
ご了承をいただきましたので、ここにその一部を抜粋させていだだきます。

ぱぱ塾ぱぱ: ・・・そんなこんなで自宅学習を始めたのですが、だんだんわかってきたことが、中学受験と子育ての両立。これをどうしたらよいのか。そのあたりの問題意識を解決してくれるリソースがこの中学受験界に欠け落ちているなあ、と。そんなわけでその道をつきつめて考えてみよう、とはじめたのがこのブログです。

匿名さん: 本当に同感です。塾関係者や受験経験者の親が書いた中学受験に関する本を今まで何冊か読んでみましたが、どうもしっくりこなかったのです。ご指摘のとおり、子育てはおろか、教育の観点さえすっかり抜け落ちていて、中には健全な子育てと相反するような中学受験体験を誇らしげに語ってらっしゃる方もいます。私は、中学受験を、子育てという、ゆったりとした大きな流れの中にある一種のイベントと捕らえていきたいと思っています。確かに特殊なイベントかもしれませんが、子育てや真の教育と相反するものであってはいけないと思うのです。塾に行くにせよ自宅学習であれ、子供の健全な育みに反してはいけないと思っています。

パパ塾パパさんの過去ブログに、子供に講義させることはとてもいい勉強方法だと書かれていた箇所があったと思いますが、同感です。私は、アフリカやアジアからきた留学生と知り合いになるチャンスに恵まれていたのですが、彼らエリートは本当に優秀です。きけば、電気もないような田舎で、片道一時間以上もかけて小学校にかよっていたとか。もちろん、参考書のようなものもなく、教科書のみでの勉強です。でも助け合い文化の中で、当たり前ように、優秀な生徒は、そうでない生徒に勉強を惜しみなく教えるそうです。一日に何人もの友だちや下の子を先生のように教えてきたそうです。今思うと、彼らが優秀なのは、そうやって先生のようにたくさんの友達に工夫しながら教えてきたからなのでは、と思います。そして、頭のいい彼らは、教えることによって、自分の理解が深まることを知っていたのでは。自国の大学を卒業した後、オックスフォード大学のマスターなどを、イギリスの学生と並べて学んでいく彼らです。あふれるばかりの「提供」で消化不良になっている日本の中学受験生と、アフリカの村々にいる小さな先生たち・・。時々比較してしまいます。

ぱぱ塾ぱぱ: (匿名さん)は恵まれた環境におられるようですね。アフリカやアジアからきた留学生と知り合いになるチャンスに恵まれておられるとのことですが、とてもよいことだと思います。私も大学時代、そのような留学生と机を並べたものです。彼ら留学生は国づくりの真っ最中でエリート中のエリートとして、学びの最後にそれぞれの国に帰って行ってその国づくりを担うのですよね。昔の日本も同じような構図で留学生を出していたようですが、おおかたの国づくりが終わってしまっている中、今の日本の子どもたちはどうやったらそのような大きな夢を抱けるのか。その夢を失ってしまっているような気がします。ボーイズビーアンビシャス。クラーク博士の言葉ですけれども、実のところ。子育てや教育をひっくるめて、今の日本でどうやったら大志を抱けるのか。我が家のブログには書いていないのですが、僕はそのような問題意識も持っています。輝くような彼ら留学生たち。僕は現代の子どもたちにそんな学生になって欲しい。小手先で勉強ができるだけの学生になって欲しくないんです。

匿名さん: 思えば、昔の貧しいころの日本人の子供たちもアフリカの小さな先生のように教え合っていたのでしょうね。最近、「生きる力」という言葉が教育界で流行っているような気がします。中学受験関連の本やブログでも時々でてくる言葉ですが、読んでみると著者のいう「生きる力」は、要領よく世の中を渡る力、いわゆる「勝ち組」になる力だったりして、がっかりすることがあります。小手先の勉強、小手先の仕事、小手先の生きる力、このようなものがはびこってしまうと、日本はどうなってしまうのでしょう。私もパパ塾パパさんほどではないけれども、危機感を感じている一人です。

ぱぱ塾ぱぱ: おっしゃるように「生き抜く力」と「勝ち抜く力」は別物だと思います。勝ち負けにこだわり続けると停滞した社会になる、というのがあの有名な社会学の法則、ピーターの法則なんです。我が家のブログでも取り上げてありますので、まだのようでしたらぜひご覧くださいね。・・・

--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト



 学び・教育・子育て 子育てと受験 小手先の力 ピーターの法則

Comments

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング