地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

素直な学びを問うということ

シェアする

過去記事の改題・再録です。

僕の目から見ると、今の中学受験のシステムというものは、大学受験予備軍という規格品の大量生産システムに見えるんです。ああいう場合はこう、こういう場合はこう、というように、目の前の課題をどのように処理したらよいのか。決まったパターンにどう適応してゆけばよいのか。そういうものを教え込む。あるいは擦り込んでゆく。そのようなシステムになっているように見えるんです。勉強というよりは訓練。学びというよりは適応。そんなものになっているように見えるんですね。お子さんたちの素直で自由な発想。そのようなものをどこに発揮させてあげたらよいのか。あるいはそのような発想力をどう育んであげたらよいのか。そのような視点が欠落している。こういう勉強はお子さんたちのアタマを硬くする。そう思います。

小学生の年ごろのお子さんたちの発想。それは自由奔放にあらゆる方向に流れ出していきます。小学校教育というものも、お子さんたちのこのような自由奔放な発想を否定するということがない。たとえお子さんたちの答えが間違っていたとしても、その間違いを否定するというよりも、その発想のユニークさを肯定することで、お子さんたちの個性・発想力を引き出してあげようとする。正解を追求するのではなく、むしろお子さんたちの持てるものを伸ばしてゆこうとする。これは私見ですけれども、お子さんたちを本当に伸ばすということはこういうことなのではないかと思うのです。こういう勉強はお子さんたちのアタマを柔らかくする。そう思います。

僕自身には中学受験の経験はありません。しかし中学受験をする娘を教えてみて感じたこと。これは以前の記事にも書いたことですけれども、それは、中学受験は中学生の学習範囲へと大きく踏み込みながらも、ある意味それを小学生の発想で解くことで成り立っている、ということなんです。中学受験の日々の学習課題をこなしてゆくということ。その中には一見、お子さんたちの発想力をうんぬんする余地はないように見えます。でも、実際の入試問題をみてみれば、そこにはお子さんの発想力を試すような問題がたくさんある。むしろ「学校固有問題」と呼ばれる問題の中にこそ、こういう着目点・発想力を問う問題が多いように見えるんです。

ここにお子さんたちを選別するための難問・奇問というよりも、お子さんたちの素直な学びの成果を問う学校側からの視線を感じるのは僕だけでしょうか。僕はここに(もしかしたら学校側にもその自覚がないのかもしれませんが)学校側がお子さんたち本当に求めているものと、今の中学受験システムが生産しているものの間の「ズレ」を感じるんですね。そうであればここで方針を転換してみる。お子さんのアタマを徹底的に柔らかくしてみる。柔らかアタマで日々の学習課題に取り組んでみる。それこそが「地頭受験」ということの持つ意味なのですが、そういう取り組みに立ち戻ってみてはどうか。いまの中学受験という構図をふりかえってみるとき、僕などはそうあるべきではないか・・・と思うのです。

--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト



Comments

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング