地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

スポンサーサイト

シェアする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できる子の算数とは?

シェアする

改題・再掲します。

設問を「読んで解く」。ごく当たり前のことなのですが、今回はこの点について掘り下げて考えてみようと思います。

冬のオリンピックで脚光をあびるようになった競技=「カーリング」。そのカーリングを念頭に置いて考えてみると、「読み」と「解き」。この2つは全く別物だということがよくわかる。「読み」で戦略と解法のあたりをつけて、「解き」で実際にストーンを投げる。「読み」通りにストーンを投げる=「解く」ことができれば成功、でなければ失敗デリバリとなるわけです。精度と正確さが要求される「解き」。それと「読み」は別物なんですね。

この「読み」と「解き」。入試問題になぞらえてみると、「もやもや」していたことがすっきりとわかるようになる。入試問題=設問で与えられた条件=「ハウスの中に散らばったストーン群」です。その中から正解を導き出すためにまず「読み」がある。切り口と解法の概略=「どの角度からどのぐらいのウェイトでストーンを当てるのか」。大まかな解答の見積もり=「ストーンを投げた結果どのような結果が得られるのか」。そのようなあれこれに「あたりをつける」こと。これこそが「読み」に当たります。で、「読み」があって初めて「解き」がくる。ここで初めてエンピツを動かして実際の解答を求めるわけです。速さと正確さが要求される「解き」。それと「読み」はやはり別物なんです。

この例で何を言いたいのかと言うと、お子さんの日々の演習問題。これは主に「解き」に重点が置かれている、という点です。ひたすらストーンを投げる。その練習を積み重ねる。これによく似ている。しかしそれだけでは「読み」の練習にはならないわけです。「読み」が変われば「解き」も変わります。ですから1つの設問について何通りも「読んでみること」。この練習がとても大切になる。「カーリングのスキップ」になるためには、まずひたすら「読み」の練習をする必要があるわけです。設問を「読める」ようになれば初見の問題にも強くなる。打てる手がそれだけ増えるわけですね。

設問を「読む」練習。ひとつの設問にいくつもの「読み」を考えることができる。「読み」によって「解き方」が決まってくるわけですから、たった1つの設問が易しくも難しくもなるわけです。ということはその設問に対して何通りの「読み」ができるか。これがお子さんの「設問に対する対応能力」ということになるわけです。だとすればお子さんのこの「読み」の力を引き出すこと。これが重要になってくる。ところがこの部分は進学塾でも問題集でも、まずカバーしてもらえない部分なんですね。だからといって、お子さん1人でこのような練習を積むことは難しい。どこかに触媒役を担ってくれる人が必要になる。

ですからこれを各ご家庭でやってみる。我が家風にいえば「例題の読み合わせ」「課題文の読み合わせ」ということになります。算数であれば数少ない例題に時間をたっぷりかけて取り組んでみる。国語であれば設問ごとに課題文の中から「根拠となる文」探しにじっくり取り組んでみる。答えがあっているかどうか・時間がどのぐらいかかったかどうかは、とりあえず置いておく。どれだけ深く設問に切り込んでゆくことができたか。これだけを念頭においてみる。そうしておいて、お子さんのひらめきの瞬間を見つけて「ひょいっ」とつまみあげてあげる。ご家庭でこのような取り組みができること。これは1つの理想形だと思うのです。

関連記事:--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 子育てブログ 子供の教育へ  にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ   アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト

Comments

6年親  

いつするか

初めまして
先日、上にありますブログのお父さんにストレスぶつけた某親ですが、言葉足らずだった点と思ってコメントします。
記事の対象は何年生を念頭においていらしゃいますか?

私は4〜5年生までのうちに鍛えたいと思ってました。
先生は6年生からしか知らないので、他の通塾生以上の演習量をこれまでこなしてきたと誤解しておられていたようですが。
足りていない演習量や追い込みの効く他教科を今からこなすべきではないかと私的には思います。

目標も方法も時期も個人差が強い事なのかもしれません。
発想力を鍛えるのはとても大事ですが、数学者を目指す一部の子を除けば低学年のうちに遊びの一環で鍛えられる事のような気がします。

2015/08/11 (Tue) 23:55 | EDIT | REPLY |  

ぱぱ塾ぱぱ  

Re: いつするか

はじめまして。コメントありがとうございます。記事の対象は何年生かというご質問ですが、我が家のケースでは小学生から中学生にかけての期間に相当しておりました。

おっしゃるとおり、お子さまそれぞれの個人差は大きいと思いますし、小学生も低学年のうちの遊びの一環としても、その一部は自然と身についてくるようなものだとも思います。ただそれだけで十分かといえば、決してそうではないでしょう。このような学習方法は、濃密な子育ての時間=小学生~中学生の時期には欠かせないものであると思いますし、その子育てのど真ん中期間に割り込んできてしまう中学受験というもの。もしそれが各ご家庭で望まれる子育てのあり方と競合してしまうようなことがあるのであれば、中学受験準備のあり方というものに、もう少し配慮が必要なのであってしかるべきではないでしょうか。これについては<a href="http://jiatama.blog83.fc2.com/blog-entry-369.html"> この記事 </a>をご覧になってみてください。

我が家のやり方はなにも数学系のキャリアを念頭に置いたものではありません。我が家の娘は、このような取り組みで国語と算数をこなしてきました。夏休み期間には父親の私が娘の志望校の過去問分析を行い、秋以降、娘の学習を徐々に過去問対策の学習へと重点を移してゆきました。ですので我が家の場合、塾授業で言われるような「追い込み」の受験勉強は不要でした。ご参考になれば幸いです。なにかありましたら、またご質問ください。

2015/08/12 (Wed) 01:23 | EDIT | REPLY |  

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。