地頭でわが子と挑む中学受験

豊かな学びと子育てが考える力や生きる力を育てます。無理のない受験を考えるための1つの新しい処方箋。

スポンサーサイト

シェアする
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆引きブログ・勝手にななめ読み

シェアする

長い間 ほったらかし もといブログを続けていると、さまざまな方との出会いがあります。我が家のブログには「トップ20アクセス元サイト」の集計欄を設置してあるのですが、ここを見ていると、我が家のブログがどんな方のブログやサイトからリンクされているのかがよくわかります。長く続けていらっしゃるところ、受験終了とともに店じまいしてしまうところなど、さまざまなのですが、最近我が家のブログをご紹介いただいた方のブログを含め、相互リンクの形でご紹介を。


入試問題研究所
我が家がブログをリニューアルしてからまだそれほど経たないころに、相互リンクのリクエストをいただきました。志望校の出題傾向と難易度にあった教材を提供してくださっているサイトです。紹介記事:『トップページの最下段(アクセスカウンターのすぐ上)の「お勧めブログ」に、『地頭でわが子と挑む中学受験』を追加しました。このブログは昨年、お子さんを中学受験させた親御さんによって書かれているもので、中学受験生をお持ちのご家庭にとって参考になる内容の記事がたくさん含まれています。ぜひ、ご覧になってみてください。』

塾に頼りすぎない中学受験に参考になるブログ(後半)・・・ きっくさんのブログ記事
一部引用させていただきます:『筆者は、「これからのお子さんたちに求められる才能。それは知的好奇心をもって「自ら考える」習慣を持つことで育まれるんです。学習課題を量より質で選別する。量を削ったことで稼いだ時間を使ってお子さんの地頭をみがく。みがいた地頭で中学受験をする。毎週の進学塾での成績に一喜一憂することなく、お子さんの成長を見守りながら毎日をすごしてゆく。それだけのことで中学受験はもっとシンプルになる。そんなやりかたもあるのです。」と述べておられ、共感するところが大きかったです。しっかりした本質の理解なしに機械的に演習量だけが増える、というのが、おそらく最も非効率な、結果につながりにくい塾の使い方であると思います。筆者の方法はその対極です。正論です。』

地頭受験 ・・・ 瑠璃姫さんのブログ記事
一部引用させていただきます:『地頭という言葉をお聞きになったことがありますか。ある、中学受験に挑戦されたお父様のブログから拝借しております。非常に興味深い内容でした。そのお父様のお嬢さんは、塾にきちんと通い、受験に向けて着々と準備を進められてきました。ある事件が起きるまで。お嬢さんは、ある日精神的な疾患を患ってしまいました。原因は不明です。負担のかかる、塾での学習は断念せざるを得ませんでした。けれども、彼女はどうしても行きたい学校を、どうしてもあきらめることができませんでした。もう、負担のかかる塾には行けません。お父様は話し合いの結果、お嬢さんに負担のかからない、ふたりっきりの地頭受験を目指すことにされました。』

中学受験で得るもの、得たいもの ・・・ 魔法使いポッチの父さんのブログ記事
一部引用させていただきます:『そんな中、昨日読んだブログに、考えさせられました。というか、私自身が、普段から意識していても実践できていないことです。(中略)元々、ポッチ(娘)が通塾するようになったのは、上記ブログにある『良問に腰を据えて取り組む』のようなことを目指したからです。私は、ポッチに「考えることを学ぶ、知識が増えていくことを喜ぶ」、そんなことを期待して通塾させることにしました。』

読書感想ブログ
一部引用させていただきます:『中学受験関連の本は気になったら読んでみるようにしていますが、ここ数ヶ月、読書熱が急激に冷めていたもので、この本も買った後しばらく積読になっていました。しかし、読み始めてみると、早く先に進みたい、早く読み終えたいと思える内容でした。正直なところ、表紙もタイトル通り(?)かなりシンプルで、恐らくたくさん売れる類の本ではないんだろうなと思います。何しろ、大手受験塾のやり方ではない、家庭で取り組んだ「小さな受験」について書いておられる上、最終的にしっかりお嬢さんの志望校2校ともに合格できたという話ですから、こういう本は大手の出版社からはなかなか出版されないんだろうなとも。amazonでは、レビューは4件しかついていないものの、4件とも星5つ。でも、私もそう思いました。難関校を受験される方などはこれだけでは難しい面もあるのかもしれませんし、誰もがこの方のような指導をできるとは正直思えません。ただ、できないからといって大人が努力せず、そのしわ寄せが全て大切な子どもに行ってしまうのだとしたら、それはやはり何か問題があるようにも思えます。特に、中堅校を目指す予定の方や、中学受験をお考えの女の子さんの親御さんは是非一度読んでみられてはと思いました。今の一般的な「中学受験勉強」にずっと抱き続けている疑問、不信感のようなものに、この方が納得のいくことを言ってくださっているような、そんな感じを受けました。』

地頭と中学受験 先輩ブロガーの教え ・・・ アリーシャさんのブログ
一部引用させていただきます:『あともう一点、この著書の中で真似したいと思ったのは自分の子どもに合わせた「小さな受験」をすることで、中学受験の子どもへの負荷をできるだけ小さくするというところです。私が娘に中学受験をさせるにあたって危惧したのは、膨大な勉強時間を要するという点でした。公教育をはるかに超えた量の知識と思考を身につけるるにはもちろんそれなりの時間とエネルギーが必要だと思います。でも子どものもともとの知識や吸収力には差があるので、集団塾での授業は無駄が多いのではないか?と思っていました。そしてこの著書にはその答えがありました。それは、塾では受験勉強を暗記科目的に捉えるから勉強量が増える、という点でした。思考力をつけて初見の問題が解けるようになれば、○○算はこうやって解く、というような解法をいちいち覚える必要はないのかもしれません。また志望校を絞ってそこに向けた対策に的を絞れば、受験勉強の総量を減らすことは可能だということも書かれていました。考えてみればわかることですが、これは目からウロコでした。また模試の偏差値がすべてではないこともここで知りました。』

中学受験に向けた心構え(1) ・・・ みんみんぜみさんのブログ
一部引用させていただきます:『特に印象的だったのが対話式学習方法を実践されていた点です。常日頃から、一方通行の講義形式や問題を解いて答え合わせをするという学習方式は、固定的で応用範囲が狭いと感じていたので、とてもすばらしい方法だなぁと思いました。家庭学習ならではだと思います。この本の中で「読み合わせ」と言われる作業は、お父様とお嬢様の対話によって進められていました。その上で、お父様が上手に、問題の本質である意図をお嬢様から引き出すということをされていました。私にとって衝撃だったのは、情報を整理する前に「意図を読み取る、本質を見抜く」という作業を意識して入れられていた点です。大人である私は無意識に意図をくみ取りますが、経験値が少ない子供達には意識的にそれを訓練させる必要があるなぁと感じたのでした。』

『地頭をみがけば中学受験はもっとシンプルになる』 ・・・ ちゃこさんのブログ
一部引用させていただきます:『著者は、知る人ぞ知る元・中受ブロガーさま。お嬢さまの中受に際して、大手進学塾の方法に乗っかることが、ご自身の理想とする「子育て」=子どもの持つ資質を引きだすこと、に果たして繋がるのかと疑問を持たれ、「勉強」という要素を子育ての一環として捉えながら、大手塾とは距離を置く”小さな受験”を選択されました。(中略)娘達にどんな人生を歩んで欲しいかという想いは、ブログを始めた当初からブレることなく今に至るのですが、勉強、それも特に受験という要素が入り込んでくると、ベクトルの向きが揃わず、ボタンを掛け違えているかのような違和感をずっと抱いていました。ですが、『中学受験を「受験」と「勉強」とに分け、「勉強」を子育ての一環として捉える』という一文を読み、そういう視座で子育て、教育そして受験を整理すれば良いのかと、視界が晴れた思いがしました。』

中学受験ブログのまとめ10選 ・・・ GOODBLOG 人気ブログおすすめサイト
一部引用させていただきます:『受験年齢の低下に伴い、『子育て』と『受験』が同次元の話になってきている……多くの親御さんはその二つのはざまで苦しんでいるのではないでしょうか。しかしこの二つはそもそも対立するものでなく、両立できるものだという持論を持つ講師による中学受験情報サイトです。子育ての視点を忘れない中学受験に対する姿勢や情報がギュッと詰まっています。書籍出版されていることもあり、文章も非常に読みやすいです。またブログの目次分けがしっかりしているので、受験ブログを初めて読まれる方にも利用しやすいかと思います。もちろん内容も充実しているので、多くの中学受験を目指す親子にとって強い味方になってくれるおススメのブログです。』

こうしてみると、なるほどなー、と思わせられることがたくさん。まだまだ精進、なのですね。
--
今日もお子様は受験勉強を楽しんでおられますか?お子様に笑顔はありますか?
新たなお題のリクエスト・疑問・ご質問などは「コメント欄」に気軽に書き込んでください。

参考になりましたら、どれでも1つ。ぽちっとお願いいたします。   お薦め図書・参考書:
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験終了組(本人・親)へ     アマゾンインスタントストアへ

過去記事へのご意見・ご質問も大歓迎です → 最近の過去記事一覧
スポンサーサイト

Comments

Add your comment

Designed by Akira.

Copyright © 地頭でわが子と挑む中学受験 All Rights Reserved.
ブログパーツ ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。